スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|島田紳助さんという人

先日、「FNS26時間テレビ」が放送されました。
「見た」という人も多いかと思います。

私は、島田紳助さんの司会ぶりが好きで今回の26時間テレビの限らず
他の番組で司会をしているのを見ていても絶対に笑ってしまいます。

やはり、一流の腕があるんでしょうね。もし、こんなこと紳助さん本人が
聞いたら「当たり前じゃ、ボケ!」と怒鳴られてしまうかもしれませんが・・・。

かなり昔になりますが、「漫才ブーム」がありました。その時に、紳助さんは
漫才をされていました。その当時の漫才をよく聞いていたんですが、早口で
正直、何を言っているのかわかりませんでした。
私が、まだ小学生くらいの子供だからだったかもしれませんけど・・・。
顔を見るととても悪そうな顔をしているし、時々巻き舌で「なんやねん、コラ」と
言ったりしていたので「よっぽど悪い人なんだなあ」と思っていたんです。
大変申し訳ないんですが、良い印象はありませんでした。

でも、今の紳助さんという人は、感動してよく涙をこぼされますよね。
本当は心の優しい人なんだ・・・と思っています。
そして、今でいう「若手芸人」の持っているチカラを引き出してあげているようにも
見えるときがあります。番組内でアドバイスをしているんですね。
それが、私自身にも勉強になるんです。私は芸人ではないんですが、日常の生活においても
とても役に立つことを言っているときがあるんです。

長年芸人の道で仕事をされて、たくさん勉強をしたんでしょうね。

さて「26時間テレビ」の話なんですが、番組対抗のクイズはとても笑わせてもらいました。
ところが、「三輪車12時間耐久レース」では感動しました。
きっと本来であれば「敵どうし」が集まって「敵と戦う」という感じなんでしょうが、
先日放送された特集によればこの三輪車のレースは、「参加者全員で一緒に完走したい」
という気持ちがあったそうですね。素敵な事ですね。

ですから、あるチームの男性が足に痙攣を起こしたときも「敵チーム」の人が手を貸して
テーピングをしてあげた・・・など心温まる話もあるんですって。

毎年、夏にはこの「26時間テレビ」は見ているんですが、今回は「笑いの中にも感動あり」
という場面を見せてもらいました。

楽しませていただきました・・・。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

国際ジャーナル|元気な毎日を・・・

ある日の夕方、テレビで78歳の男性が水泳をされているという特集をしていました。

やはり、体を動かしているからなのかとても若く見えました。本当にお元気です。
「おじいちゃん」と言うのが失礼なくらいな男性です。
しかも、水泳を始めてから70年だそうです。記録をどんどん出しているそうで、
「水の中で死ねたら本望だ」と自分でも言っているんだそうです。
奥様も応援しているんだそうですよ。素敵な話だなと思いました。

ふっと、思い出したのですが・・・
私の知人のお母さんが、毎日スポーツジムへ通ってプールに入り、長時間歩いている
という話を聞いた事があります。

知人のお母さんは、70歳前半だと聞きました。毎日、自宅から自転車に乗ってジムに
通っています。その道のりの途中に知人の家があるので必ず寄ってからジムに向かう
そうなんです。
目的は知人の家にいる「孫」の顔を見ることらしいんです。
時々、知人のお母さんに挨拶をすることがあるのですが、本当にお元気です。

知人いわく、数年前から右足を痛めているとのこと。「病院に行ってみたら?」と
知人が言うと、お母さんは「病院に行くくらいならプールで体を鍛える。」と言い放って
毎日毎日、そして雨の日も行かれるそうです。
知人は、心配しているんですけどね・・・。すると「余計な心配はしなくていい」と
強く言っているんだそうで・・・。

今の世の中、高齢化社会と言われています。高齢化社会といっても、何かに夢中になっている
人というのは、とても元気で若く見えると思いませんか?
例えば、「毎日散歩をする」「毎日体操をする」それだけでも、体が健康で元気に毎日を
過ごせそうな気がしませんか。

別の知人のお父さんは、「自分は年寄りだからもう何もしないし、できない」と言って
外にも出なくなり、ずっと座ってテレビを見ているだけの生活を送っていました。
やはり、筋肉も衰えてしまって歩けなくなってしまったんです。
そうなった時に「もっと動いておけばよかった」と自分自身後悔しているそうですよ。

「年寄りだと馬鹿にするな」と怒られるような元気な方がたくさんおられると、この国も
元気になると思いませんか?

今、「100年の1度の不景気」と言われていますが、「元気」だけは忘れないで生きて行きたい
ですね。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|プライベートブランド

季節はすっかり「夏」ですね。毎日、暑い日が続いています。
こんな時に飲みたいのが「ビール」と思う人が多いのではないでしょうか。

日中、仕事を頑張って仕事が終わってから冷たい1杯。これが「たまらない」と
いう人の声をテレビでも新聞記事でもよく目にします。

最近「プライベートブランド」の話題をよく耳にします。食料品や日用品など
種類はさまざまで、価格を「低価格」にして販売しているそうですね。

先日、テレビニュースで「プライベートブランドより第3のビール発売」という
情報が流れました。
「トップバリュ」からは「麦の薫り」、そして「セブン&アイホールディングス」からは
「THE BREW」という商品だそうです。
価格は、「麦の薫り」は350mlが100円。「THE BREW」は350mlが123円とのことです。
また、発売日は「麦の薫り」が7月末より。「THE BREW」は7月24日から順次発売とのことです。
インタビューで「大変、お求め安い価格となっていますので、ぜひお試しください」との関係者
の方が話していました。

中には、「絶対にこのメーカーのこのビールじゃないといやだ」というこだわりを持った人も
いらっしゃるでしょう。もちろん「安くておいしければ、どこでもいい」という人もいらっしゃる
でしょう。

私の知人宅では、この時期「ビール代」がバカにならないようです。
ちなみに、知人宅では「絶対にこのメーカーのこのビール」派だそうです。
そして、必ず500mlを買うんだそうです。しかも、毎日のように・・・。
これでは、さすがに家計ももたないですよね。顔を合わすたびに「もう、最悪や~」と言って
嘆いています。

私の家でも冷蔵庫にはビールが冷えて、「いつ飲んでもらってもいいよ~」と言わんばかりに
スタンバイされています。しかも、全部同じメーカーの同じビールが・・・。

プライベートブランドの商品は、今回のビールに限らず「低価格」で販売されているので、
我が家でも食料品、日用品ともよく購入しています。
初めて見たときには「本当においしいのだろうか」「本当にこれは使えるのだろうか」と
疑問に思いましたが、今ではそんな疑問は全くありません。

私は「プライベートブランド愛用者」です。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|ご近所付き合い


近年、ご近所トラブルによって逮捕者が出る・・・という話題を耳にします。

最近だと関西地方だったと思うのですが、60歳代男性が近所の方の家の前で暴言を
吐くなどとして逮捕されたというニュースが流れました。
被害を受けた方が防犯カメラを設置していて、暴言を吐いている映像が流れましたが
本当にひどいものでした。時間帯を気にせず、夜中でもどなっていたそうですね。

そこで、ある情報番組でどのようなものがトラブルの原因になるかを調査されたそうです。
「ふとんをたたく音」「子供の騒ぎ声」「掃除機の音」「駐輪、駐車方法」「テレビの音」
「ペットで飼っている犬の吠え声」「物を落とすなどの音が響く」など、色々あがりました。
自分の中ではなんとも思っていないな事が、実は人からすると非常に迷惑な場合もある・・・
という声が上がりました。

そこで問われたのが「ご近所付き合いはあるか」という話になりました。
近年、ご近所付き合いがあまりない・・・という方が多いほうではないかということです。
昔は「ちょっとお醤油貸して~」や「雨が急に降ってきたから洗濯物を入れて預かっている」
などの付き合いがよく見られたものですが、今は高層マンションが建ったり、少子化も原因
しているのでしょうか。付き合いが減ってきているのが現実だそうです。

ある番組では、「隣にどんな人が住んでいるのか知らない」という人も少なくありませんでした。

ご近所の方とコミュニケーションが取れていたら、きっと「いつもうるさくてすみません」で
済む場合がほとんどだそうです。やはり、コミュニケーションがあまり取れていないと、
ちょっとした事でも注意されたり、また注意された側というのはいい気分にはならずに
トラブルになりかねないのかな・・・と思ったりしました。

私はおかげさまで、ご近所の方にとても恵まれています。中には、駐輪をきちんとされていない
方がありますが、その方以外はコミュニケーションが取れているんでは・・・と思って
います。つまらない話をしたりもしますが、子供がうるさいと「いつもうるさくてごめんね」
とお互いが謝っています。
そうすることで、トラブルは起こったことがありません。

顔を合わせたら挨拶をするだけでも印象が違うと思いますよ。

あまりご近所付き合いを意識するのも自分がしんどいと思うんですが、ほどほどに・・・
と思って、大事にしていきたいと思っています。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|頑張った我が子へ・・・

今週末で1学期が終わり、来週からいよいよ夏休み・・・
という子供が多いのではないでしょうか。

私の知人の子供さんがこの4月から幼稚園に入園し、
毎日心配ばかりしているそうです。
その子供さんは、知的障害なんです。
「自分の子供と同じ年齢のお友達についていけるかな」
と心配していたそうです。

担任の先生は、「お母さん、あまりにも心配しすぎですよ。
お母さんが思うほど、お子さんは何もできないわけではありません。
ちゃんとお友達がいて、一緒に仲良く遊んだりしていますよ」と
言ってくださるそうなんですが、知人は自分の目で見ていないので
「本当だろうか」と先生の言葉を疑っていました。

行動はクラスで一番遅いし、工作もうまくはさみが使えないので
先生と一緒に作ったり、先生のお手伝いがないと、幼稚園での生活は
厳しいといえば厳しいのだそうです。

でも、この1学期の間に少し成長したそうです。
今まで、幼稚園のトイレは先生の手をつないでじゃないと用を済ますこと
ができなかったのが、1人で行って用を済ます事ができるようになりました。
お友達の名前が言えるようになりました。
苦手だった集団生活に慣れることができました。
知人は、「親としてハナマルをあげたい」と言っていました。

担任の先生にこう言われたそうです。
「クラスの子が、あなたのお子さんのお世話を色々してくれるんですよ。
4歳、5歳の子供達がすぐにあなたのお子さんの行動に気づいて、手を差し伸べて
あげたり、困っている様子を見たら手伝ってあげたり・・・。子供って
すごくやんちゃな面もあれば、こんなにも人の手助けができるんだと、長い保育士
生活の中で、初めて教えられました。また、あなたのお子さんのおかげでうちの
クラスが一致団結しているんです。素晴らしい事ですよ。」と。
その言葉に知人は、ありがたく思ったそうです。

先生の説明に理解ができなかったり、言葉がうまく話せないので自分の中で伝えたい
ことがあってもうまく伝えられずに困っていたりすることがあるようですが、
ゆっくりゆっくり成長していってほしい・・・と知人は言っていました。

1学期の終業式に、知人は子供に頑張ったご褒美をプレゼントするそうですよ。
きっと、喜ぶでしょうね・・・。

みなさんのお子さんはどうでしょう。この1学期、頑張りましたか?


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

報道通信社|ゲリラ豪雨

よく雨が降りますね。

つい先日、大阪で一時的に大雨が降りました。
家の中にいたのですが、びっくりしました。

思い出したのが、去年の夏によくあった「ゲリラ豪雨」
あれには、本当にまいりました。
「黒い雲が出てきたなあ」と思っていたら、あっという間に大雨が。

テレビでも新聞でもよく取り上げられていましたよね。

知人は、その中を幼稚園へ子供をお迎えに行っていました。
傘など意味がなく、びしょびしょになりながら自転車で走っていたそうです。
特に、仕事で外回りをされている方たちは大変だったのではないでしょうか。

近所の人は、朝天気がいいからとふとんを干したまま仕事に出かけていました。
ところが、昼過ぎには黒い雲が出てきてゲリラ豪雨。
おかげで、何度かふとんがひどいびしょ濡れになってしまったらしいです。
ある知人は、「朝、どんなに天気がよくても家にいないときは絶対にふとんを
干さない」と決めていました。その知人も仕事をしてて、途中で家に帰る
ことができないので洗濯物も天気が良くても室内に、ふとんは平日絶対に干さなかった
ようですよ。

ある知人は、訪問販売の仕事をしていました。雨が降ろうが台風が来ようが、毎日
決まったお客さんの家にお伺いしていたようです。

ある日、ゲリラ豪雨がやってきました。事務所で雨がやむまで待機していたらお客さんから
電話が。「今すぐ商品を持ってきて」と。知人は「少しお時間いただけませんか」と
お願いしたらしいんですが「絶対に今すぐ!」と言って待つことを許してくれなかった
そうなんです。
どしゃぶりの雨の中、知人は自転車に商品を積んでお客さんの家まで行ったそうです。
商品を届けて帰る途中、前が見えないくらいの雨だったため転んで怪我をして帰って
きたそうなんです。

こないだ、ゲリラ豪雨の内容ではありませんが天気予報で言っていました。
「黒い雲が見えている」「雷が鳴っている。また雷光が見える」
このような状況が発生したら、なるべく早く避難してください・・・と。

今年もゲリラ豪雨が発生するのでしょうか・・・。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

景気回復 | 国際通信社

あのリーマンショック以降、日本の景気も急速に落込んでいましたが、ほんの少
し回復の傾向が見えた様です。日銀が発表した6月の短観(企業短期経済観測調
査)によると、企業の景気を示す業況判断指数(D1)は、大企業製造業でマイ
ナス48と、過去最大の数値から10ポイント回復したそうです。最近は株価も
日経平均が1万円近くまで回復しており、政府の企業支援策や公的資金の導入な
どによって、一時の最悪な状況は過ぎたかののような報道も見受けられます。し
かし、今回の不況については、単なる消費の落ち込みというよりも、産業の構造
やライフスタイルの変化といった、総合的な動きによってもたらされているので
はないか?と考える時もあります。日本では今後ますます高齢化は進み、人口も
減少していきますから、消費第一の文化から、もっと別の豊かさを、国民一人一
人が考えていく社会になる必要があると思います。また、経済についても大企業
だけではなく、中小企業の発展が大きく影響してきますので、政府の政策も大企
業だけではなく、中小企業にとっても役立つものにしてもらう懸念があります。
景気については、まだまだ予断を許さない、という慎重な考え方で見ていきたい
と思います。

国際ジャーナル
国際通信社
現代画報
報道ニッポン

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。