スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 宇多田さん、生放送に出演!

今年いっぱいで、アーティスト活動を無期限休止する予定の宇多田ヒカルさん。その宇多田さんが、10月28日にTOKYO FMの渋谷スペイン坂スタジオに出演されたそうです。宇多田さんが出演されたのは、「au ON AIR MUSIC CHART」の公開生放送。活動休止をした後は「人間活動への専念」をするといっている宇多田さんですが、その活動の一つには運転免許取得が挙げられているのだとか!そうか、セレブは自分で車運転することも必要ないのか、なんて一般ピープルな私は思ってしまいましたが、宇多田さんはリスナーの方たちに「国内で、合宿で取れるオススメがあれば教えて」と呼びかけたそうですよ~。宇多田さんとしては、どんな人間になりたいとかはあまり考えたことがないけど、とりあえずおばあちゃんになるまで生きたい。そのときは日本にいたいと、終の棲家は日本でと考えているようです。この宇多田さんの公開生放送には、ファン1000人が集結したそうで、人気はまだまだ絶好調。宇多田さんは、一人で生きられるようになるための人間活動をやってみたいということで、外国に行ったら普通にお給料をもらう仕事がしたい、バイトとか、あとボランティアも、けれど私の経歴で雇ってくれるとこってどんなとこだろ?と笑っていたそう。出番の最後にはリスナー、ファンに向けて「自分が苦手としている部分、弱く避けようとしてる部分に目を向けた上で、いろいろやっていきたい」と語ったそうですよ。

現代画報
報道通信社
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
スポンサーサイト

現代画報 国際ジャーナル ィ・ビョンホン、日本のドラマに初挑戦

韓流スターのイ・ビョンホンさんといえば、この間は結婚詐欺だと訴えられたりしていましたが、日本では来年1月スタートのフジテレビ系ドラマ「外交官・黒田康作」で日本ドラマに初出演することがわかっているそうですよ~!ビョンホンファンの方は、見逃せませんね~!このドラマで共演することになるのが、日本の誇る俳優、織田裕二さんで、ビョンホンさんは織田裕二さん演じる主人公の黒田と旧知の仲の情報提供者役だそうで、第1話で華麗に登場するそう。もちろん、その後も準レギュラーとして出演していくようですね。初めてのビョンホンさんの撮影は、都内近郊でスタートしたそうで、1話での2人の出会いのシーンなどからの撮影に臨んだのだそう。ビョンホンさん曰く、多くの部分が韓国のドラマ制作と似ていたのだそう。もちろん、北朝鮮の砲撃で韓国の民間人に犠牲者が出ており、韓国の状況を心配しながらも、演技に集中しているそうですよ。また、ビョンホンさんは織田さんと撮影前に会話を交わし、織田さんのことを「ジェントルで一切妥協せず仕事に取り組む方」と信頼しているそうで、また、織田さんもビョンホンさんのことを「『外交官・黒田康作』にまた一人心強い仲間ができました!」と喜んでいたそうですから、仲良くやっていきそうな感じですね~。
国際通信社
国際ジャーナル

現代画報 国際ジャーナル 吉岡美穂&IZAMに第3子誕生

吉岡美穂さんといえば、昔は癒し系として世の男性が虜になっていましたが、いまではすっかりタレントのIZAMさんの怖ーい奥さんといったキャラが定着していますよね。いつもIZAMさんが愚痴っているところをみると、夫婦仲はどうなの?なんて思ってしまいますが、なんとそのお二人に第3子となる男の赤ちゃんが誕生していたことが10月25日に判明したそうです。赤ちゃんは10月25日の午前2時9分に誕生し、体重は2984g、母子共に健康だそうです。このことについて、IZAMさんと吉岡美穂さんは連名で「今後は家族5人で頑張って行きますので、末永く御指導、御鞭撻の程 宜しくお願い致します」とコメントしているそう。なーんだ、怖い奥さんというのも、実はただのキャラ作りなのかな?なんて思っちゃいましたが、実のところはどうなのでしょうか?女性は子供を産むと、やはり関心が夫より子供にいっちゃいますから、IZAMさんはさびしくて愚痴っているのかもしれませんよねえ。第1子は男の子、第2子は女の子で、また男の子ということですから、男の子も女の子もいる賑やかな家庭でよいですねえ!新しいチビちゃんも、怖いお母さんに守られてすくすく大きく育ちますように(笑)!IZAMさん、これからは家の手伝いも増えてもっと不満が出てきちゃうんではないでしょうか。

国際通信社
国際ジャーナル

現代画報 国際ジャーナル 対岸の火事

今日の国会答弁は北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃に対する政府の対応についてのやり取りでした。いやあ 聴いてて辛いものがありました。だって、どう言われても初動が遅かったこと、閣僚が迅速に招集されなかったこと、閣僚会議が発生から6時間以上経っていたこと、外務、防衛両部門会議や外交安全保障調査会総会への出席者が少なく内容もおざなりだったことは否定できませんから。きっと国際ジャーナルで今回の北朝鮮の砲撃について言及する記事や日本の外交問題に関する記事が載ることでしょう。年内にこれ以上の攻撃がある可能性は十分にあるし、日本の防衛体制がガタガタになっている状態では、これからどうなるんだろうという不安が募ります。。でも、正直言って、これが防衛ではなく攻勢に立つことになるのが一番恐いと思っています。有事だ緊急事態だ日米韓の連携だと騒ぎ立てて、憲法を改正して自衛隊を戦地へ兵隊として送り込むことになるんじゃないかと。いきなりここまで進まないにしても、北朝鮮が待ったなしとなれば分かりません。だって、あの人たちの考えてることなんてサッパリ分からないじゃないですか。国民が餓死しようが鉄砲は作る国で・・垢茵・任眄里脇椶世辰討修Δ笋辰読拗餠・爾靴討燭鵑世・蕁ΑΑ・廼瓩離淵轡腑淵螢坤爐旅睛抜兇噺朕夕腟舛離・礇奪廚詫・鬚剖譴靴澆泙后・・・・・・・
報道ニッポン
現代画報社

現代画報 国際ジャーナル IMFから消費税引き上げ要請

世界でも日本でも「不景気不景気」と騒がれ、ただでさえ日本国民の家計は圧迫され、頭を抱え込む人が増えている中、国際通貨基金(IMF)が日本に対して、「日本政府は11年度には財政再建を開始し、消費税を徐々に引き上げていく必要がある」と声明を発表したそうですよ~。「消費税を引き上げていく」というところで、またまた国民の大きなため息が聞こえてきそうな雰囲気ですよね。もちろん、IMFも意地悪で行っているわけではなくて、日本の財政が先進国の中でも最悪の状況に陥っていることを踏まえたうえで、国債発行の限度額などを盛り込んだ財政健全化に向けたルールづくりを日本に求めることにしたようです。IMFは、ギリシャの財政危機を念頭におき「国家財政への監視の目が厳しくなる中、信頼性のある財政再建策を早期に策定することが非常に重要」と指摘しているそうで、東京都内で今回の件の会見を開いたリプスキーIMF筆頭副専務理事は「財政の安定性が確保されることが消費者や企業に安心感を与え、成長につながる」と語り、消費税増税は景気回復を阻害しないと見ているそう。むむむ、どうでしょうねえ~?消費税分くらいは、なんとかなるかな。

報道通信社
現代画報
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。

現代画報 国際ジャーナル 病院内に娯楽室

重い病気と闘う子供たちが入院する大阪府立母子保健総合医療センターは、中学・高校生の
年代の患者が、闘病生活のストレスを解消して心身をリフレッシュできるようにと、娯楽室
をオープンさせたのだそうです。これは、先日の新聞に載っていたものです。

このセンターによると、用事向けの娯楽室は普及しているそうですが、思春期の患者向けは
国内初めてだということです。
今後は、専従スタッフを置いて、陶芸教室やパソコン教室などを開く予定で、利用した患者
からは「長い病院生活の中で楽しみができた」と好評だそうです。

この病院にはさまざまな病気の10代の患者が約25人入院しているということです。その中に
は長期入院を余儀なくされている生徒もいるということです。1981年の開院当時から幼児向け
の娯楽室はあったのですが、10代の患者が病室以外でくつろげる場所はなかったのです。


精神的にも大きな変化を迎える思春期の患者にも気分転換できる施設が必要であるということ
と、子供の医療環境改善に取り組むNPO法人の協力などを得て、設置を進めていたのです。
約2ヶ月間入院しているという中学3年の男子生徒は「たくさん漫画があって、病室にいるより
楽しく気晴らしになる」と新聞取材で笑顔で話していました。

病気と闘う毎日でも、やはりリフレッシュは必要だと思います。リフレッシュすることで、精
神的にも落ち着きが出てくるのではないかと、私は感じたのです。今では、ゲームやテレビでも
数多くの番組が放送されていますが、人とのふれあいも大事だと思うのです。
心をリフレッシュさせながら、頑張っていただきたいと思いました。




国際ジャーナル
国際通信社

現代画報 国際ジャーナル ギリシャ危機の今後の行方

近頃またニュースになっているのが、ユーロ危機の可能性についてです。
国際ジャーナルでは、今回のユーロ危機の件についてどのような論調を行うのでしょうか。
今回、ギリシャの信用問題が、金融市場全体に大きな影響を与えた背景には何が
あるのか気になるところですね。想像してみると、フランスやドイツなどの欧州
の大手銀行が関係しているのかもしれません。これは、多額の資金をギリシャの
金融機関に貸し付けていることが大きな原因になっていると思います。これが悪
影響を与える可能性もあります。今後についても、まったく目の離せない状況が
続いていくのではないかと懸念されます。もしギリシャの信用不安がさらに拡大
するとどうなるのでしょうか?例えば、欧州銀行の貸付について、これが不良債
権化することが予想されます。経済に対する大きな影響が懸念されます。ギリ
シャに対しての動きですが、国際通貨基金欧州連合の支援策によって、問題を防
ごうとする動きがあります。世界経済もようやく回復の兆しを見せはじめている
ところですから、これからのギリシャの問題については、慎重な対応をとっても
らいたいところではないかと考えます。これからもニュースを細かくみていきた
いと思います。







報道ニッポン
現代画報社
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

現代画報 国際ジャーナル 光の画家

日本人は印象派が大好きですよね~。モネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ピサロ、モリゾ、ギヨマン、シスレー・・・名前聞いただけでその絵も思い浮かぶ作家も居れば、名前は分からなくても絵を見れば「ああ 知ってる!」という作家が多いのは、やはり私たちが印象派の絵によく触れている証拠でしょう。そんな印象派の中でも大家であるルノアールは、絶大な人気がありますね。現代画報に『ルノワール
──伝統と革新』展についての記事載っていて、見に行こうかと思ったら、東京展はもう終わってました。。残念。でも、大阪展は6月まで開催中なので、関西の人は是非とも訪れた方が良いと思います。なぜって、あの有名な「可愛いイレーヌ」は大阪展のみの出展!だからですよ~。一目見れば、この愛らしい少女が美術の教科書に載っていたことを思い出す筈です。透けるような白い肌と柔らかく澄んだ眼差し、なんといっても特徴的なのは少女の上半身を流れる長く美しい髪の毛の表現です。光が当たる部分は金色を帯び、陰になった部分は憂いを秘めたように濃く深い茶、波打つウェーブが赤く茶色く変化に富んでいます。そんな髪の表現が、少女の息遣いをも感じさせてくれる、本当に美しいポートレートです。やっぱりルノアールは光と影の表現が素晴らしいですね。光と影と言えば古典主義ですが、決定的に違うのは、ルノアールが光を主にしているところでしょう。影の中にも光を感じさせることができるのは、やはり巨匠の業です。そういえば、5月下旬にはオルセー美術館展が開催されますね。この初夏が楽しみです。





報道通信社
現代画報
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。

現代画報 国際ジャーナル おしゃれなステテコが人気あり

年配の男性に愛用者の多かった下着「ステテコ」が、最近は若い男性に売れているのだそ
うです。おしゃれな柄物が登場して、部屋着としても人気が高まり、自分用に買っていく
女性もいるのだそうです。

大阪府にある下着メーカーが運営するウェブサイトによると、ステテコは明治時代に着物
やハカマの下に履くものとして誕生したそうです。明治13年ごろに落語家が舞台で披露し
た半モモヒキをみせる踊りが「ステテコ踊り」と言われたのがきっかけで、半モモヒキを
「ステテコ」と呼ぶようになったのだそうです。面白い由来があるのですね。

「年配の男性が履く」というイメージの強いステテコですが、最近の若い男性に売れている
ステテコは白や肌色ではなく、カラフルな柄物が人気だといいます。
下着メーカーの広報担当者によると、「梅雨の時期にはムレ対策としてスーツの下に着て、
夏場は1枚で部屋着として使うこともでき、両用できるのがいいところです」とステテコの
魅力を話していました。

ある百貨店では2009年から、若者に向けてのステテコ販売に力を入れているそうです。今年
は展開ブランドを1.5倍に増やして、紳士肌着売り場に100種類を揃えたということです。

花柄やアロハ柄、ジーンズプリントを転写したものなどバラエティが豊富で、価格は1785円
から6300円だということです。いいお値段だと思いますが、ステテコは風通しがよいという
イメージが私の中にはあります。夏場には、女性でも部屋着として身に着けていると、以外
と動きやすくて心地よいのかもしれません。私も興味が沸きました。夏の暑い季節に部屋着
として身に着けてみたいような気がします。




現代画報社
国際通信社

現代画報 国際ジャーナル 世界的な景気の動向とこれからの日本



世界的な景気の後退が、最近のニュースでは懸念され ています。これからの世
界経済はどのようになっていくのでしょうか。最近、景気減速が鮮明な米国で
は、さらなる金融緩和の検討が進んでいると いう報道が行われています。また
欧州諸国でも、金融不安を乗り切るために対して、ユーロ安による輸出増加で景
気を下支えする姿勢が感じられま す。国際ジャーナルでも、これからの欧米の
経済動向については、引き続き注目してほしいと思います。一方の日本ではどう
でしょうか。最近は円 高が大きな問題となっていますが、欧米がドル安とユー
ロ安を容認する限り、日本が単独で円高の流れを阻止するのは極めて難しいので
はないかと いう意見もあります。これはどのように考えればいいのでしょう
か。政府・日銀が取り組むべき課題は沢山あります。円相場の急激な変動に対し
て、常に警戒を怠らない姿勢が重要ではないかと思います。通貨の安定が経済成
長にとってはとても大事です。その点を忘れないで欲しいと思いま す。最近
は、円高に伴って生産を海外に移す動きが、製造業を中心として強まっている様
です。これによる国内の雇用への悪影響が心配です。政府 における確実な景気
対策が欲しいところです。





報道通信社
現代画報社

現代画報 国際ジャーナル 携帯市場における今後


もはや生活にもビジネスにもなくてはならない道具となったのが、携帯電話です
ね。携帯電話といえば、NTTドコモが有名ですが、最近のシェアはどうなって
いるのでしょうか。契約台数についても、増加数においても、NTTドコモの苦戦が
続いている様です。これにはどのような原因が考えられるのでしょうか。まず、
営業戦略については、ソフトバンクやKDDIにおいては積極的なマーケティン
グ戦略が感じられます。特にソフトバンクなどはテレビやインターネットの宣伝
をうまく使って、イメージのアップと認知度の向上に努力しているのが感じられ
ますね。しかし、NTTドコモについては、かつて携帯電話の市場を独占してい
た当時の勢いはないように思えます。NTTドコモの営業収益についても、
2004年をピークとして、その後は減っていく傾向になっています。携帯電話
の市場において、NTTドコモは成熟期に入ってきたのではないかと感じます。
これからは、日本国内における成長も期待できませんから、新しい戦略が必要な
時かもしれません。






報道通信社
現代画報

現代画報 国際ジャーナル 裁判に・・・


月刊誌「国際ジャーナル」の9月号に東京都杉並区に事務所を
構える弁護士さんの記事が紹介されていました。独立する前は
別の弁護士事務所にいたらしく、そのような人を居候弁護士、
略してイソ弁というらしいです。その方の、イソ弁時代のエピ
ソードも紹介されていて、日頃弁護士さんと接する機会のない
私にとっては、興味深い記事でした。
 弁護士さんと接する機会がない私は、当然裁判というものに
関しても人生で一度もお世話になったことがありません。日々
平平凡凡と生活している私にとっては関係のない世界だと思っ
ていましたが、そうも言っていられない世の中になってきたよ
うで・・・。そう「裁判員制度」のことです。もうすでに裁判
員に指名されている人もいるので、確率は低いにせよ、自ら望
まなくても裁判に関わる機会ができたということになります。
今は珍しいので、そんな知らせがもし家に届いたら、それは大
騒ぎ間違いなし!マスコミなどにも取り上げられることにでも
なったら、一躍日本中のテレビや新聞に顔がでることになるか
もしれません。まあ、自分自身が出していいですよと言わない
限りはそうはならないと思いますが。そのうちこの制度もすっ
かり定着して知らせが届いても、それほどの騒ぎに自分自身が
感じなくなるのかもしれません。どうなりますか。




現代画報
報道通信社

現代画報 国際ジャーナル 9月も下旬なのに・・・

9月22日、太平洋高気圧に日本列島が覆われたそうです。
千葉県や山梨県、大分県などの各県で最高気温が35度以上となる猛暑日
が相次いだのです。
9月も下旬になり、いよいよ過ごしやすい季節がやってくるだろう・・・と
期待していたのですが、とんでもない話で「猛暑」と呼ばれる地域がかなり
あったようです。残念ながら過ごしづらい日になってしまったようです。

気象庁によると、千葉県茂原市で36.7度、山梨県大月市でも36.1度
に達したほか、大分県杵築市では9月の観測史上最高の35.6度を記録した
のですから驚きです。

この日のテレビの情報番組を見ていると、運動会が延期になったり各地域で
毎年この時期に行われる秋のイベントなどが、すべて延期になってしまった
などと、かなり影響が大きいようです。
確かにこの暑さの中でイベントや運動会を行っては、まだまだ熱中症になる
人が多く出てしまうかもしれません。
イベントや運動会というのは多くの人が楽しむものだと思います。

今年は本当に厳しい暑さが続き、かなりつらい思いをした人が多いでしょう。
私もそのうちの1人ですが、今年は「秋が来ないですぐに冬が来る」という
状態になってしまうかもしれませんね。


報道通信社
現代画報社
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

国際ジャーナル 高速道路

現代画報には、「高速道路の無料化から見えてくる地域経済の可能性」という
記事が出ていました。
与党となった民主党は、公約に「高速道路無料化」を掲げていました。

日本の高速道路は先進国の中でも群を抜いて高く、利便性も低いと言われ続けてきました。
しかし借金だらけの高速道路を無料化することが果たしてどんな結果をもたらすのか・・・。

ただ、私たちの目に分かりやすく映るのは、
前述した地方の小さな行楽地や赤字続きだった公共の施設などが、
高速道路の割引により再度見直され、集客率が好転するなど今までとは違う経済の動きが発生している、ということでしょうか・・・。

国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル 菅内閣の外交における期待



先日、菅首相が国連で演説を行いました。この結果は どうだったのでしょう
か。日本として、国際社会における存在感についても気になるところですね。国
際ジャーナルでも、これからの国際社会と日 本の関係については、提言を行っ
てみてはどうかと思います。その、菅直人首相の国連総会での演説ですが、就任
後初の演説という事もあって、マ スコミでも報道されています。ちょうどこの
時期には、中国漁船衝突事件が起きています。この事件に対する動きに対して、
日中両国の緊張が高 まったという背景があります。菅首相は「核兵器のない世
界の実現に向けて国際社会の取り組みの先頭に立つ」という日本の考え方を演説
していま す。これは平和国家日本にできる大きな仕事ではないかと感じます。
日本は世界では唯一の被爆国です。その日本として核なき世界に対する、イニ
シアチブを示していくのは、とてもいいことではないでしょうか。これからの取
組みと成果を期待したいところです。実際、日本は核軍縮の分野で オーストラ
リアと連携しているそうです。そのような連携によって、国際社会における世論
の構築ができていくのではないかと思います。これから 始まる菅内閣の外交に
も成果を期待したいですね。





報道通信社
現代画報

国際ジャーナル 生命の輪


昆布やアオサなどの海藻も光合成をしているって知ってますか?私はつい最近知ったのですが、北海道の半分の面積に昆布を養殖できれば、日本が年間に排出するCO2を全部吸収できるという試算が10年前に出されているそうです。昆布で?!と驚きますよね。それがもし可能なら、日本は周りを海で囲まれているのだから沿岸にちょっとずつ養殖すれば、問題は一挙に解決!と思ってしまいます。まあ そうカンタンにいけば苦労は要らないわけで、他の生態系にどれぐらい影響が出るのかが分からないと意味がありません。自然というのはきっと微妙なバランスで成り立っているのではないかと思うのです。何かを特化させてしまうと、必ずどこかに歪みが生じてしまう。そこを考えながら解決策を見出す手段として、エコロジーがあるのかなと素人は考えるのですが、どうなんでしょう。
国際ジャーナルでエコポイントについて論議していましたが、そもそもエコというのは和製英語で、エコロジーは生態学のことなんですよね。エコというと、自然、地球に優しいというイメージだけが先行している気がします。生態学はもっと科学的な根拠や調査、統計を基にしているものですよね。このかけ離れた感じは、そのまま、個々人の環境問題への意識のギャップに繋がっているのかもしれません。もっと分かりやすく、でもイメージだけに囚われず。難しいな。。
「山に木を植えても育つのに50年はかかるが、人は20年で育つ。人を育てる方が早いんです。だから教育が大切」これは、先に出てきた昆布の説をwebで紹介していた畠山重篤さんの言葉です。「牡蠣の森を慕う会」代表として、植林活動を続けている漁師さんです。漁師がなぜ?というと、それは海を生かしているのは川であり、川を生かすのが森である、という正に生態学的な考えによるからです。すべての生命は繋がっている、ということを私たちはもっと学ばなくてはいけないのでしょうね。その生命の輪の中に人間も繋がっているからこそ、教育が大切なのだと思います。




国際ジャーナル
現代画報

国際ジャーナル 水道水

国際通信社国際ジャーナルに、「水」に関しての記事が紹介されていたように記憶しています。
先日、あるテレビ番組で「あなたは水道水を飲んでいますか」という質問を街中でインタビュー
をしていました。すると7割の方が「飲んでいない」と答えたのです。
理由は「おいしくない」「何か気持ち悪い」「何か水の中に入っているかもしれない」「汚い
イメージがある」などの理由でした。
私も実は水道水の水は飲むことはありません。ただ、料理や洗顔などには水道水を使います。

「飲み水」として現在、売れ筋を伸ばしているのが「ミネラルウォーター」だそうです。

「非常用」として家に確保しておくのはもちろんのことなのですが、普段の飲み水として必ず
冷蔵庫に入れておくのが「ミネラルウォーター」という方が少なくはないようです。

また、スーパーでは「水」を入れる装置が設置されている所が多くなったような気がします。
水を入れる容器だけ購入し、水は入れ放題というシステムのようです。
料理でも水道水を使わず、スーパーの「水」を使って料理をする、お茶を沸かす、お米を洗う
という方も実は多いようなのです。
私はそのシステムは利用していないのですが、近所の大手スーパーでは水を入れる容器を4本
ほど家から持ってきて、4本とも水を満タンにしている方もいらっしゃいます。
一体、どんな目的で使うんだろう・・・と思いながら見ているのですが・・・。
ちなみに、私の知人はその大手スーパーからの水を普段の飲み水として利用しているそうです。

ひと昔前ですと、「水道水を平気で飲む」という方が多かったように記憶しているのですが、
時代の流れとともに水道水を飲む方がかなり減っているようです。
私も子供の頃は平気で水道水を飲んでいたのですが、今は飲まなくなってしまいました。

私の時代の流れに沿って生きているんだと感じた特集でした。



報道ニッポン
国際ジャーナル
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

国際ジャーナル 裁判員の安全

平成16年5月21日「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が成立し、平成21年5月21日から裁判員制度が始まりました。
裁判員制度とは、国民が裁判員として刑事裁判に参加し、
被告人が有罪かどうか、有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決める制度です。

裁判員制度が始まってから随分経ちますが、
あらゆる裁判が報道され、裁判員の質問内容や態度、どのような判決をくだした、などの詳細がメディアでとりあげられています。

では、裁判員になり被告人を裁くことで、
事件関係者から危害を加えられるなどの危険性はないのでしょうか?
国際通信社国際ジャーナルにおいても、私のこの疑問について記事がでていました。


最高裁判所からの報告によりますと、
裁判員制度が始まる前まで、裁判官や裁判所職員が事件関係者から危害を加えられたというような事件はほとんどおきておらず、
また、事件関係者から危害を加えられるおそれのある例外的な事件については、裁判官のみで審理することになっているので
心配はないということでした。
また裁判所は、国民が安心して審理に参加できるよう、裁判員の安全確保に万全の配慮をしており、
例えば裁判員の名前や住所は公にされないことになっています。
万一にも事件関係者に知られることがないよう、裁判員の個人情報については厳重に管理しているとのことです。

しかし、個人情報がいとも簡単にあらゆる企業等から流出する事件が多発している昨今、

個人情報管理をいかに厳重に行おうとも、流出の可能性はゼロとはいえないでしょう。

裁判員が適切な審理を行うためにも、
万一の事態に備え、裁判員を守るための適切な処置が滞りなく行われるよう万全の体制を確立する必要があると思います。

現代画報
報道通信社

国際ジャーナル この先の行くえがまだまだ不透明な日本経済を考える



最近、日銀から発表された2010年9月全国企業短 期経済観測調査をみる
と、日本の景気はまだまだ先行き不透明であると言えます。この調査によると大
企業製造業・業況判断指数(DI)はプラス 8となっています。これは前回の
6月短観から7ポイント改善しています。今後はどうなっていくのでしょうか。
ちなみに2010年12月予測は マイナス1となっています。これからの景気
については、国際ジャーナルなどのマスコミ各誌でも、これから様々な分析が行
われていくのではない かと思います。そのような分析も参考にしていきたいと
思います。今回の数字についてですが、報道をみると、様々な論評が行われてい
ます。政府 としても、これから臨時国会においての予算編成を行う上で、参考
にしているはずだと思います。大企業の製造業、非製造業ともに、一期先見通し
は9月比で悪化となっっていますが、円高の影響を始めとして、日本の製造業を
取り巻く環境の悪化は、急速に進んでいるのではないかと感じま す。一刻も早
い対応が望まれるところです。まずは円高に対する国際的な協力を強く求めてい
くのと共に、エコポイントの延長など、新たな景気刺 激策も早急に実現してほ
しいところですね。





現代画報
報道通信社

国際ジャーナル 杉本彩、自伝本発売

40代になって今もなおセクシーな魅力を放ち続ける、タレントの杉本彩さん。そんな杉本彩さんファンの人には、ぜひ読んでみたい本が出版されるようですね。なんでも自分の自叙伝「リベラルライフ」という本だそうです。そのほんの発売記念ということで、都内でイベントを行われた杉本さん、本のことについてもコメントしているようです。なんでも本の内容は、家族との確執だけではなく、なんと自殺を図った経験などを赤裸々につづった1冊だそうで、化粧品会社の経営をめぐって妹と対立したそうで、結果としてはなんと妹と暮らしているお母さまへの仕送りまでをやめたことなどを記しているそうで「さよなら、家族」と決別宣言までしているそうです。うーん、家族とさよならなんて、悲しすぎる気がしますが、家族だからとなんでも許すわけにはいかないのも事実かもしれませんよね。家族は助け合わないといけないのに。。。杉本さん自身は本について、一文ごとに書いていいのかというためらいがあったそうですが、自分の人生を書く上では避けられないことだったのだそう。ちなみに杉本さん、新しい化粧品ブランド「リベラータ」もスタートさせたそうで、本を書いたことで気分もスッキリした模様です。

国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル レアアースの安定供給に対する政府の対策は?



中国との漁船衝突事件において、レアアースの輸出が 滞るという事態が発生し
ていますが、政府の大畠章宏経済産業相から、レアアースの安定的な確保に対す
る対策指示が行われたようですね。これ は、ハイブリッド車などのエコカーや
家電製品の性能向上などに使われるレアアースについて、臨時国会に提出する補
正予算案の中で、レアアース の備蓄などの対応策を盛り込むという方針のよう
です。日本の経済にも大きく影響してきますから、早急に実現して欲しいところ
ですね。国際 ジャーナルでも、この中国におけるレアアースの問題について
は、詳細な分析を行って欲しいところです。経済界においても、経団連からは、
代替 品の開発などに政府として取り組むことなどを求める意見が出ている模様
です。国家全体としての取組みが必要となっています。レアアースです が、中
国が実に世界需要の約9割を供給しています。ですから、日本企業としても、そ
の供給のほとんどを中国に依存している状況になっていま す。このような状況
では、レアアースを使った商品の生産が、中国の動向によって左右されることに
なります。この点については、これから日本政 府としても、抜本的な対策が必
要になってくると思います。





報道通信社
現代画報

国際ジャーナル 幸民麦酒

兵庫県三田出身の蘭学者に、川本幸民さんという人がいらっしゃるそうです。
この人は日本で初めてビールを醸造した人で、1810年から1871年までの
人生を送ったそうです。
この川本幸民さんの生誕200年を記念して、日本酒「白雪」で知られる「小西
酒造」が、幸民のレシピを基に復刻した「幸民麦酒」の人気が高まっているという
ことです。

今年は猛暑でこの記念ビールに限らず、数多くのビールが多くの人に飲まれたこと
だと思いますが、猛暑が終わったこの時期でも全国から注文が相次ぎ、販売量は
当初見込みの倍以上だそうです。
復刻を企画した兵庫県三田市は「生誕200年の関連事業も大いに盛り上げてくれている」
と予想以上の売れ行きを歓迎しているということです。

この内容は新聞記事に載っていたものなのですが、新聞を見るまで私は川本幸民さん
という存在を知りませんでした。ただ、この人がいたからこそ、今のビールを醸造する
技術というものが日本に生まれたのでしょう。私はそう思います。
今回の復刻ビール、新聞記事によるとわりといいお値段がしますが、ビール好きの人は
「一度は飲んでみたい」と思う品ではないでしょうか。
私はアルコールを一切飲まないのですが、新聞記事を読んでいると「一口は飲んでみたい」
と思いました。


現代画報
報道通信社

国際ジャーナル 臨時国会に注目したい



秋の臨時国会が菅首相の所信演説によって始まりまし たが、この国会ではどの
ような成果がでてくるのかが気になるところです。実際に参院で野党が多数を占
めるという、いわゆる「ねじれ国会」と なっていますから、法案がうまく通る
のか、与党にとっても気になるところだと思います。菅首相が強調している経
済・財政・社会保障の一体的な 立て直しについては、まさにその通りだと思い
ます。今の日本にとってどれもまったなしのテーマだと感じます。このテーマを
どうやって具体化す るかが、これからの勝負ではないでしょうか。国際ジャー
ナルでも、この点については、様々な観点から分析を行って欲しいところです
ね。経済政 策では医療、介護、環境などの分野で雇用を創出する事が提案され
ています。雇用不安を和らげて、日本全体の消費を刺激して、一刻も早くデフレ
から抜け出せない日本経済を成長軌道に乗せる事が重要であると菅首相は述べて
います。そのために必要な財政再建も急務となっています。優先順 位を明確に
した対応が必要だと思います。あれもこれもといった、人気取りのばら撒きで
は、本質的な解決にはなりません。その点に注目しなが ら、これからの臨時国
会を見ていきたいと思います。





報道通信社
現代画報
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

国際ジャーナル ペットブームの陰で・・・

ここのところ「ペットブーム」といわれています。
ですが、「ペットブーム」に乗ってか悪質なことをする者もいるようです。
以前に報道されたのは「ペット葬儀社」のペットの死体を山林に捨てるという事件が
あったかと思います。報道を聞いて、私は怒りを覚えました。

そして先日の新聞に載っていたのは、障害を抱えた飼い犬が増えているということ
でした。
人気種は需要に応じるために近親間の交配を繰り返すなどするためだそうです。
これは正直言って、人間の勝手な行動だと思うのですが・・・。

新聞記事に載っていたのは、ある夫婦が飼っているダルメシアンの話でした。
このダルメシアンは耳が聞こえないのだそうです。ちょうど10年前に、生後1~2
か月の時にペットショップで購入した直後に障害に気づいたということです。
そばで掃除機をかけても全く反応しなかったそうなのです。

この夫婦は交換してもらうことも考えたそうです。が、保健所に引き渡されて殺される
かもしれない・・・と思い、飼いつづけることにしたということです。ダルメシアンには
手の動きを覚えさせて、パーは「待て」、そのまま手を下げると「お座り」、グーは「だめ」
、床をたたくとこちらを向く・・・といった状況のようです。

とても優しい夫婦の気持ちがあって、ダルメシアンは元気に育っているようです。
国際通信社から発行されている雑誌にも「動物」に関する記事が様々な内容で載っている
かと思うのですが、「商売」を先に考えて「命」に関することを考えていない人たちを
私は「無責任」とあえて言わせていただきたいと思います。


報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル 休暇改革国民会議

観光庁は10月6日に、大型連休を地域ごとにずらして取得する「休暇分散化」
構想推進のため、経済界代表らでつくる「休暇改革国民会議」の初会合を都内で
開いたのです。この様子はテレビでも放送されていました。

構想に対して、経済活性化の観点などから導入すべきだとの意見が多かった一方で、
企業活動への影響を懸念する声も出たのです。
この会議は、経済界や教育界、そして道府県知事など約60人で構成されているそう
です。会議では「分散化は観光需要の拡大や雇用創出につながる」という経済界の
意見などの賛成意見が大半を占めました。
ですが「全国展開の企業では取引に支障が出る」「祝日の意義が薄れる」などの
否定的な声もあったようです。
また、休暇分散化の導入によって、有給休暇の取得促進を求める意見も出たのです。

休暇を分散することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。
テーマパークなどは「行きやすい」や「並ばずにすんだ」ということもあるかも
しれませんが、自分は休みなのに故郷の知人が休みではないので会えない・・・や
「自分は休みだが、大事な得意先が休みではないため出勤せざるを得ない」という
ことも出てくるでしょう。この国で働く人々の多くは「有給を取得しづらい」とい
うのが現実なのです。ですが、この景気の悪さで給与が減っているという厳しい
状況の中で仕事をしています。「休暇分散化」が本当に実現できるとは私には考え
られないのですが・・・。どう思われるでしょうか。


報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル 住宅も個性の時代

最近気になる話題は住宅についてです。今住んでいるマンションもそろそろ古く
なってきたので、そろそろ一軒家に移りたいと考えています。現代画報にもよく
中小企業の工務店の話などもでていますが、最近の住宅業界においても、他社と
差別化を図るためには、いろいろなアイデアを実行している様ですね。この前新
聞に入っていた折込チラシで見たのですが、ここ最近は、建築家と一緒になっ
て、自宅をデザインしていく住宅販売の手法がある様です。これは、日本人のラ
イフスタイルの多様化という現象にもマッチした方法ではないかと思います。多
少費用は高くなりますが、材料の選定から始まって、間取りについてとか、備え
付けの家具にいたるまで、プロの建築家と話をしながら建てる住宅は、何か素晴
らしい住宅になりそうな気がします。住宅を購入する事は、一生の買い物になり
ますので、やはり充分に検討した上で納得のいく買い物をしたいところです。日
本人は遠慮しがちなところもありますから、自分から情報を集めて、質問をしな
がら商談をまとめていくのは苦手という人も多いと思います。そのような人に
とっても、安心した住宅を手に入れるためには、このようなサービスもいいので
はないかと思います。







国際通信社
国際ジャーナル
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

国際ジャーナル 食べ残しの持ち帰り

テレビの情報番組で「食」をテーマにした特集が放送されていたのです。
それは「食べ残しの持ち帰り事情」というものでした。

外食した際に、「量が多くて食べ切れなかった」「お腹がいっぱいになり残してしまった」という
方、多いのではないでしょうか。その際にそのまま残して店を出るか、家に持ち帰るか、どうする
でしょうか。街頭インタビューでは「そんな格好悪いことできない」「恥ずかしい」という声もあり
ましたが、「もったいないから持って帰るようにする」という声も多かったのです。
店でも、お客さんが残した食べ物は廃棄になります。「もったいない」と思いませんか?

そういった声をよく聞くのでしょう、ある団体が「持ち帰り運動」というものを広げているようなの
です。「もったいないことはしない。残すなら持って帰ろう」という運動です。持ち帰り専用の箱を
作り、そして「持ち帰り運動実施中」というようなステッカーを作成し、その運動に賛同するお店に
ステッカーと箱を置かせてもらう、というものなのだそうです。

賛同する店も増えているようなのです。ある料亭の料理長のインタビューが放送されていたのですが
「自分の作った料理が無残に捨てられるのはたまらない。それなら、残してしまったものは持って
帰って頂いたほうが自分は嬉しく思う。」という意見を述べていました。

そういった運動に賛同している店では店員が「残されたメニューをお持ち帰りできますが」とお客
さんに聞いているようです。メニューを残したお客さんには「持ち帰り」の方が多いようです。
「持ち帰り」をしている方へのインタビューも放送されていました。数人にインタビューをしていま
したがどの方も「もったいない」という言葉を使っていたのです。

みなさんは、この「持ち帰り運動」をどう思われるでしょうか。



報道通信社
現代画報

国際ジャーナル 日本の鉄鋼メーカーによる環境への取組

二酸化炭素の排出量削減については、これからの日本社会全体として取り組んで
いくテーマになっていくのでしょうか。国際通信社の雑誌などを読んでも、環境
に対する記事などは増えていると思います。世界的に環境問題への意識が高まる
中で、日本として一体どのような貢献が可能なのでしょうか。やはり、優れた先
進技術による貢献は、一つの可能性であると思います。日本の大手鉄鋼メーカー
である新日鉄ですが、中国の同業者に対して、二酸化炭素の排出を減らす技術を
提供するというニュースが、先日の新聞にも出ていました。この技術によると、
燃料消費量を10%ほど押さえることができるそうです。この取組の背景にはど
のような考えがあるのでしょうか。CDM(クリーン開発メカニズム)による排
出枠の取得という事が、どうもある様です。これは、自国外で削減した二酸化炭
素の排出量を、自国の削減としてカウントできる仕組みです。ですから、中国の
鉄鋼メーカーの二酸化炭素を技術供与によって減らす事により、日本の削減目標
の達成を促進できるという考え方になります。このような動きは、今後他社にも
広がっていくのでしょうか。いろいろと問題もあるかもしれませんが、世界の環
境にとってはいい話だと思います。






報道通信社
現代画報

国際ジャーナル 温故知新

現代画報10月号で古民家を取り上げていたのを見て、そういえば古民家を改装したカフェが流行ってるのを聞いたことがあるな~と思って、ちょっと調べてみたら・・すごい。カフェのほかにも、古民家のギャラリーや旅館が全国各地にあるんですね。普通の民家や豪農の家を改装したところだけでなく、明治から続く老舗の和菓子店や金物屋さんなどもまだまだ探せば残っているのです。当然、不況と都市開発の波に飲まれて消えていく古民家も多いのですが、「古民家再生」で検索をかければ出てくる出てくる!特に建設会社のHPがたくさんヒットします。現在古民家に住んでいて梁や大黒柱はそのままに内装を新しく使いやすいものにしたい、お店に改築したい、移築して使える部分を出来るだけ残したい、などなど、様々なライフスタイルに合った再生が求められているのが分かります。そして、100年以上前に建てられた建築物が、その要望に応えられるだけの剛健さと柔軟性と建築美を備えていることに驚かされるのです。
現在の木造建築の9割は在来工法で作られています。こちらは筋交いと木の接合部には金具を使い、耐力壁で家を支えますが、阪神淡路大震災における死者の約5000人が木造家屋の下敷きとなったことで、その脆弱を露見させました。以降、建築基準法が改正されましたが、昔からの伝統構法以上の木造建築を作ることはできません。
日本の伝統技術である伝統構法は、釘を使わず、木と木を組み合わせて建てるんですね。紙一枚通さぬ接合には正に匠の技が凝縮されています。また、地震に対して強いのは木と木同士が抵抗し合って、衝撃を吸収するからだといいます。また、梁には強度のある松を、腐りやすい部分には栗や檜を用いたり、杉の木目を美しさを内装に使ったりと、木材の使い方にも先人の知恵が生かされています。土壁の耐震性も科学的な実験によって見直されてきているのです。そして何よりも古民家は丁寧なメンテナンスを施せば、200年300年と住むことが出来ます。温故知新、伝統構法は後世に伝えてゆくべき日本の宝だと言えるでしょう。




現代画報
報道通信社

国際ジャーナル 和菓子人気の再来

国際通信社国際ジャーナルに、今和菓子が若者に人気があることについての考察が出ていました。
全日本菓子協会のデータによりますと、
和生菓子は2006年に前年比1%増、07年に2.5%増、08年も1%増と3年連続で前年を上回ったそうです。
一方、「生洋菓子」は07年が0.5%減、08年は3%減と2年連続で前年割れだったとのことです。

要因として主に4つの事項がしばしば挙げられています。
1つは、若い世代は金銭感覚が堅実であり、手が込んで価格の高い洋菓子より和菓子のほうが選択されやすいということ。
2つ目は、3年前に「パティシエ・バブル」がはじけて、洋菓子から和菓子に目が向くようになったということ。
3つ目は、和菓子は植物性原材料が多く、脂肪分が少ないため、低カロリーであること。

4つ目は、和菓子は伝統的な年中行事や季節性との結びつきが強く、時期が限定されるものが多いため、イベント性が高いこと。
イベント性の高さが若い層の需要開拓につながっているとの分析です。

個人的には、4つ目の要因が興味深く感じられました。
伝統的年中行事との結びつきを見てみますと、
ひな祭りのひしもちや桜もち、端午の節句のかしわもちは有名どころですが、
それいがいにも年中行事に合わせて家族や友人と一緒に食べる和菓子が色々とあるようです。
1月は花びらもち、2月の節分には豆菓子、4月なら花見団子、6月だと無病息災を祈願する水無月、
7月には夏バテを避けるための土用もち、といったものがあげられます。

自分としても、「季節限定」という文字には弱く、
試してみたい気持ちと、今買わなければ!というあせりの気持ちを持ちがちですので、

そういった若者が多いのもうなずけるところです。

どんな形であっても、日本の伝統的な和菓子が広い世代に浸透し、受け入れられ守られるのは
喜ばしいことなので、今後もこの風潮が続けば、と思います。

報道通信社
現代画報
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。