スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 日本の政治に今必要なのは冷静な議論では?

今の日本の政治では首相退陣論も聞こえてきますが、実際のところ、首相を変え
ることは日本にとってプラスになるのでしょうか。確かに、不人気な リーダー
を辞めさせて目先の政局を変えたいという願望は国民にあるのかもしれません
が、国際的にみてもそんな繰り返しでは政治不信はますます進ん でいくと思い
ます。与野党から声高に語られる菅直人首相の早期退陣論については、もう少し
冷静な議論が必要です。最近はそのように感じます。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 中東情勢における石油の支配

中東では民主化の波が広がっていますが、石油による富を一手に収めようとする
政権に対する民衆の怒りが爆発しているのかもしれません。リビアのカ ダフィ
氏らはこうした国際社会の声に耳を傾けるべきだと思います。デモ隊への武力行
使は何も生み出しません。民衆との対話による混乱の収拾がベス トではないか
と思います。言論や集会の自由を幅広く保障する、リビアの新しい民主化がいま
こそ求められているのではないかと思います。今後はどう なるのでしょうか。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル

報道通信社・報道ニッポン いまどきの若者は・・・。

 「いまどきの若者は・・・。」とある程度年をとった人はよく使う言葉だ。最近はよく若者の○○離れという言葉をよく聞く。若者の車離れ、若者の活字離れ、などなど。確かに警鐘を鳴らさなければならないこともあるのだが、中には若者のわさび離れなどというどうでもいいのではないかと思えるような記事もあるそうだ。私ももう若者ではないが、若者がわさびを食べられなくても何にも思わない。冗談で、「まだまだお子ちゃまね~。」などとからかったりはするが、だからと言ってそれ以上何か言うつもりはない。
 最近高校生や大学生と接する機会が多い。一緒に仕事をしているのだが、やはり仕事に対する意識は基本的に低い。大概の子は楽して給料をもらいたいと思っているし、面倒くさいことはしたくないと言う。みんな実家で暮らしていて、自分の欲しいものを買うためにアルバイトをしている程度だから、それくらいの意識なのだろうと思う。確かに腹が立つこともある。「しっかり仕事しろ!」と言いたくなるときもある。しかし自分の学生時代を考えるとやはり似たようなものだったし、これから厳しい社会の波に揉まれて、やっと気づくこともあるだろう。ぼちぼちたしなめることはするが、「いまどきの若者は・・・」と憤慨することはない。
 どの世代にも若いころはあって、「いまどきの若者は・・・」と言われていた頃があるのだ。今だけの話ではない。マスコミであまりその言葉を強調しない方が良いのではないかと思う。「いまどき」風ではない若者もたくさんいる。見た目で判断したりしないで、きちんと教育していくのが我々先輩の役目だと思う。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン

月刊誌国際通信社国際ジャーナル 高齢者の介護

以前、雑誌「現代画報」で裁判員裁判や介護に関する記事が取り上げられていたように思うの
ですが、介護に関しては非常に難しい問題なのではないかと私は思うのです。
「高齢者が高齢者を介護する」という形が多くなってきているようにも思います。
精神的にも体力的にもかなりの負担がかかるでしょう。本来であれば、身内で協力し合うこと
なのかもしれませんが、それもなかなか難しい状況にある人もいるかもしれません。今回の場
合、早めに地域に相談することで妻を殺害せずに済んだ方法があったのではないかと思うので
す。
「高齢者社会」と呼ばれる今の日本、介護する側もされる側も安心して生活ができる地域づくり
が必要なのかもしれません。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル現代画報 これからの時代に必要な情報とは何か?

これからという年には、どのようなことがおきてくるのでしょうか。
そのようなことを考えるにおいても、国際ジャーナルの特集はとても役に
立っています。これから日本と世界で起こることについては、様々な意見もあり
ますが、世界中のアナリストや起業家の話によると、経済は、業種・地域によって、
ある地域においては、地域限定の不況になる可能性があるの
かもしれません。これはなぜかというと、産業構造の激変が原因ではないかと思
います。この数年間のトレンドからも、それは感じることができます。新しい商
品やサービスがたくさん生まれては消えていきます。また、それに伴って生活環
境も大きく変化していきます。ですから、突然、売上げが下がったり、業種その
ものがなくなってしまうケースもあると言えます。携帯電話はその代表例でしょ
う。携帯電話から買い物ができるようになって、小売業の常識は大きく変化して
きています。こんな例は、他の業界でも当たり前のようにおきています。これか
らの時代において、どんな変化、またはリスクがあるのかを見極めることが、と
ても大切なことになってきていると感じます。いかにして感度をあげて情報を集
めていくのか、それが大事だと思います。







21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報

月刊誌は報道通信社の報道ニッポン たばこ全製品の出荷を一時的に停止

新聞に載っていた記事なのですが、日本たばこ産業(JT)が
3月25日と30日から4月10日まで、たばこ全製品の出荷を
一時的に停止すると発表したそうです。
この期間中は「マイルドセブン」などの主要銘柄25種類に絞って
増産するそうで、出荷を順次再開するそうです。
これは震災により、たばこの製造工場が被害を受けたほかに、材料
も調達しにくくなっているためだということです。
以前、雑誌「現代画報」にも「喫煙」に関する記事が載っていましたが、
震災で生産に影響が出ているメーカーや工場も多いことでしょう。
多くの人たちが「頑張れ」と応援しています。そして、今回のたばこだけ
ではなく、多くの人たちが復興を願っています。
今回のたばこの出荷一時停止はやむを得ない事情かもしれません。
が、少しずつ一歩ずつ復興することを私も心から祈っています。
まずは今、避難所全員に物資が行き渡ることを願っています。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 関わりあい

人は一人で生きているわけじゃない、と
良く耳にする言葉ですが、なかなか実感できないですよね。
若いときなら尚更、自分の事で手一杯で
人との関わりは深くても浅くても
あまり気にならないのかもしれません。

人生を重ねていくと、どうしてもあちこちにしがらみが
出来たりして、結構縛られてしまうのですが、
同時にそれに助けられたりします。
うるさいくらいに思っていても、いざという時、
気持ちをやわらげてくれる人が、数人でもいれば
問題を乗り越えたあとで、大切なことが見えてくるはず。

豊かに生きるって、お金はもちろんですが、
めぐり合った多くの人の中から、
お互いに大切に思い合える人と思いを共有したり
分かち合えたりすることもひくまれるんじゃないかと。

そんな風に人と関わりたいなと思う今日この頃。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル ヴェネチア国際映画祭、受賞を逃す。

映画好きの方は、世界中で行われている映画祭などについて知られているかもしれませんね。たとえば、モントリオール世界映画祭では、深津絵里さんが最優秀女優賞を受賞したといった大きなニュースが最近なりましたが、9月にカナダ以外の、イタリアでも映画祭があったそうです。この映画祭はといえば第67回ヴェネチア国際映画祭。ヴェネチア国際映画祭といえば有名ですが、その中のコンペティション部門の受賞結果が発表されたそうですが、日本の映画は受賞されなかったそう。ちなみに、最高賞である金獅子賞に輝いたのは、日本でも人気のソフィア・コッポラ監督作の、「サムウェア」という映画だそう。日本からこの映画祭に出品されたのは、松山ケンイチさんが主演され、トラン・アン・ユン監督が制作した「ノルウェイの森」と、役所浩二さんが主演された三池祟史監督の「十三人の刺客」だったそうです。ノルウェイの森は、本で読まれたことのある方も多いのでは?今回受賞を逃してしまった日本勢、来年の映画祭では、日本の映画が受賞できればいいですよね~!こういった国際舞台の映画祭で賞を受賞するようになれば、日本の映画ももっと認められるのではないでしょうか?がんばれ、ニッポン!

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
現代画報

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル お正月の思い出が・・・

お正月に孫が祖父母宅を訪れる・・・というのは、よく聞く光景ですね。
家庭によっては、遠方に住んでいるということで長期休暇がなければなかなか
顔を見ることができないというところも多いでしょう。
お正月に祖父母と過ごすというのは、とても幸せな時間だと思うのですが、
新聞記事にとても残念で悲しいニュースが載っていました。

場所は北海道の札幌市です。1月4日に、お正月休みで函館市から遊びに来ていた
孫に包丁を投げつけたなどとして、札幌市に住む63歳の無職男性を暴行容疑で
現行犯逮捕したそうなのです。

包丁は柄の部分が中学1年の男子生徒の首近くに当たったそうです。恐ろしい話
だと思います。が、けがはなかったようで安心しました。
生徒が「じいちゃんが暴れている」と函館市の母親にメールをし、母親からの110番
通報で警察が男性の自宅を訪れて取り押さえたそうです。

警察の発表では、男性は4日の夜、自宅に遊びに来ていた男子生徒や小学2年の女の子
ら兄妹3人に向かって「うるさい」などと言って包丁やコップを投げつけたそうです。
男性はお酒に酔っていて、調べに対して「そんな事知らない」と容疑を否認している
ということです。
祖父母と過ごすお正月というのは、ひとつの思い出に残るものです。それがとても悲しく
つらいお正月になってしまったのは残念でなりません。
今回、被害に遭った兄妹の心は大丈夫でしょうか・・・。それが気になります。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 自然の力は素晴らしい

新聞に載っていた記事なのですが、岩手県遠野市を訪れるフランス人観光客が
2008年から急増しているのだそうです。

県内を訪れた外国人旅行者数でみると、フランス人は9位なのですが、遠野市に
限ると3位にも上がるそうです。

県がまとめた市町村別のデータによると、遠野市を2009年に訪れた外国人
観光客は、多い順に台湾が645人、アメリカが217人、フランスが170人
という数字が上がっているのです。
新聞取材に応じたあるホテルの経営者の話によると、男女や年齢は様々なようですが、
日本のアニメが好きで「河童のクゥと夏休み」を知っている人が多いそうなのです。
外国人旅行者用のガイドブックに、遠野市が「伝統的な日本の田園風景」と紹介
されていることもあるからでは・・・ということです。
ほとんどが個人客で、観光名所よりも「川を見ていた」や「稲穂が揺れるのがいい」
とマイペースで自然を楽しんでいるということですが、「自然を楽しむ」というのは
日本人でも同じような経験をする人が多いのではないでしょうか。

都会に住んでいる人は、休みの期間を使って自然が多い場所に旅行へ行ったり・・・
ということもあるでしょう。やはり、自然の力というのは素晴らしいもので、心や体
を綺麗に洗ってくれるような、そんな気がします。
自然は本当に大切なものなのですね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル ひったくり防止イベント

新聞に目を通していると、大阪市大正区の区役所前で開かれた、あるキャンペーン
の記事が載っていました。
そのキャンペーンとは「ひったくり防止」のキャンペーンでした。
地元企業の社員や自治会のメンバーなどが約30人集まって、自転車の人を
呼び止め、そしてひったくり防止カバーを前かごに次々と取り付けたのです。
もちろん「無料」ですが・・・。

このようなキャンペーン活動は、様々な地域で行われているのではないでしょうか。
やはり、自転車のかごにカバーをつけておくだけでも「安心」と言われているようです。
そのため、カバーをつけた自転車に乗っている人の姿を頻繁に見かけます。

この先駆けは、大阪市鶴見区の主婦などでつくる「鶴見ひったくり防止レディース隊」
なのだそうです。大阪府警がカバーを配るだけなのを見て「これではタンスに眠って
しまうだけ」と、2004年頃からカバーの取り付け活動を始めたのだそうです。
実際に目の前で、前かごにカバーを取り付けてあげるということで、多くの人が
感謝しているのではないでしょうか。私はそう思います。


その「鶴見ひったくり防止レディース隊」の代表は「大阪人はずぼらなところも
あるから、こっちが付けてあげないとね」新聞取材で話していました。
そんなきっかけが今、大阪府内のほぼ全ての「ひったくり防止イベント」で
この手法が採用されているのです。
主婦のほんの一言の意見が、多くの人をひったくりから守っているのですね。
カバーを取り付けたから安心・・・ではなく、それでも油断をしてはいけません。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊・国際ジャーナル キムタク、今度は南極に挑戦。

SMAPのキムタクといえば、最近では映画のヤマトで注目を浴びていますが、キムタクはほかのドラマの撮影に挑んでいるようです。なんでも、キムタクが挑戦するのが、あの超有名ドラマ「南極物語」。TBS開局60周年記念連続ドラマとして、南極大陸~神の領域に挑んだ男と犬の物語(仮)というドラマが10月から放送予定だそうで、そのドラマの撮影に挑むことになった模様です。南極の犬のドラマといえば、タローとジローを思い浮かべちゃいますが、人間も苦しんだんですね。今回のこのドラマは昭和30年代に南極にわたって、世界初で現地で1年を過ごした南極越冬隊とその隊が飼っていた樺太犬の絆の物語なんだそう。キムタクの役どころは、越冬隊の副隊長で、地質学者&樺太犬の世話係。越冬隊はなんと、-50度、風速100mのブリザード吹き荒れる接近不可能と言われた場所に、昭和基地を建設し、樺太犬が犠牲になりながらも越冬に成功するのだそう。けれど、せっかく生き残った樺太犬15頭を南極に置き去りにせざるをえなくなる事態に陥り、1年後に南極に戻った副隊長が、生き残っていた兄弟の犬、タロとジロに再開という感動のドラマとなっています。10月が楽しみですね!

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
現代画報

月刊・国際ジャーナル ALWAYS第3弾

現代の日本に嫌気がさしている人たちにとって、心のよりどころとなった映画、「ALWAYS 三丁目の夕日」。古き良き日本にタイムスリップして、やっぱりいいなと感じる人が多いからか、いつも支持されていますよね。そんな「ALWAYS 三丁目の夕日」の第3弾が制作されるそうです。来年公開される予定で、タイトルは「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」だそう。しかもなんと、今度のALWAYSは3D作品でスクリーンに返ってくるのだそう。古き良き日本を再現しているのに、現代の最新技術である3D映画にしちゃうの~って気もしますが、内容が気になりますよねえ。出演はもちろん、ALWAYSではおなじみのメンツがそろうよう。吉岡秀隆さん、堤真一さん、小雪さんらが集まり、アメリカの映画、アバター同様の本格的な3D作品となる予定なのだとか。しかも、1964年という年は、日本にとってもいろいろなことがあった年だそう。東京オリンピックから、東海道新幹線が開通したのもこの年だそうで、映像化してほしいというリクエストが相次いだのだとか。最近冷たい現代の風当たりに疲れてしまっている人、ただたんに、心が温かくなりそうな映画が見たい人に、お勧めです!

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
国際通信社

月刊・国際ジャーナル 降雪割引実施中の水族館

新聞に載っていた記事なのですが、青森市浅虫の県営の水族館で行われている
「降雪割引」が人気となっているようなのです。

前日の降雪量に応じて入館料を割り引くサービスなのだそうですが、初の3割引
となった1月23日には家族連れなど700人以上もの人が来館したそうです。
日々除雪に追われている人々も、その日だけはそんな悩みを忘れてイルカショー
などに歓声を上げたそうです。

冬季の来館者減少対策に始め今年で5回目だそうです。気象庁の発表を基に
青森市街地の降雪10センチごとに1割割り引くことになっているようです。
これまでは2割引が最高だったそうなのですが、1月22日は青森市内の積雪が
5年ぶりに100センチを超えて、降雪量も33センチになったそうです。

水族館側は「除雪に苦労している来館者に明るい話題を提供できたと思う」と
新聞取材で話していました。
雪がなかなか降らない地域に住んでいる人たちにとっては、あまりピンとこない
かもしれません。私もそのうちの1人なのですが、除雪作業というのはかなり
つらいということを親戚から聞いたことがあります。
体力的にも精神的にも疲れている中で、ほんのひとときでも楽しい時間を過ごす
ことができたら、こんなに嬉しいことはないですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報

月刊 人気フリーアナウンサーがインフルエンザに・・・

いよいよ、インフルエンザが流行してきているようですね。
フリーアナウンサーで今、人気を集めているのが滝川クリステルさんだと思う
のですが、1月23日の夜に放送された情報番組を、インフルエンザに感染
してしまったために出演を見合わせたそうなのです。
この番組では、代役にテレビアナウンサーが務めたそうなのですが、復帰の
時期については、特別なコメントがないということでした。

テレビで活躍している人だけではなく、地域によってはかなり流行している
ところもあるでしょう。また、インフルエンザに関しては、以前に雑誌「現代画報
でも取り上げられていたように思います。

日頃から予防として手洗いやうがいなどを徹底している人も多いと思うのですが、
少しでもインフルエンザ情報が流れると不安でならないと思います。
私も、まだ幼い子供を育てているために子供に感染しないよう、予防対策は日々
行っているところです。
先日、地域のある小学校でインフルエンザに感染して学校を休んでいるという
情報を聞きました。どこの保護者も不安は隠せない様子でした。
インフルエンザに感染してしまうと、かなりしんどい思いをしてしまいます。
そんな思いをわが子にはさせたくない・・・どこの親も同じですね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報

月刊 世界の梅公園

今年の冬は気味悪いほど暖かいと思うと、いきなり大
寒波がやってきたりと、体の方がびっくりしてしまいますね。
 
 しかし、寒いのは辛いとは言え、厳しい寒さは身が引き締まってさわやかでい
いものです。

 寒椿や水仙など、寒さに負けず凛として咲く花のすがすがしい美しさを感じら
れるのも、寒さあってのことでしょうか。

 冬に咲く花、といえば、何と言っても梅ですね。
 
 梅というのは満開よりも、蕾や少しほころびかけたところに風情があるようで
す。
 古来、桜とともに色んな詩歌に歌われている梅ですが、万葉集では、桜よりも
梅を詠んだ歌の方が多いのです。
 あの馥郁とした香りも、梅の最大の魅力ですね。桜の香、というのはあまり聞
きません。

 「現代画報」の表紙は、兵庫県たつの市の「世界の梅公園」
の写真でした。
 私は何度もここへ言っていますが、瀬戸内海を見下ろす山の上にこの公園があ
り、梅の向こうに青い海が広がっています。
 ここは、「ひと目二万本」と謳われる綾部山梅林と隣接しており、園内を走る
トロッコが、両方を行き来しています。

 園内にいると、漂ってくる梅の香りに、まさに酔いしれそうになります。遠く
から見ても、綾部山梅林の斜面に咲いている梅が、ぼうっと煙って、本当に春霞
のようです。

 空気はまだまだ凍りつくようでも、確実に春が近いことを感じさせてくれます



 



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・報道ニッポン・月刊誌 かつての面影が・・・

1980年に大阪で「国際花と緑の博覧会」が行われたのをご存知でしょうか。
海外の造園技術を紹介した人気のエリアで、国際色豊かな59の庭園が並んでいる
のですが、そのうち3庭園が閉鎖、4庭園が一部閉鎖されて立ち入りできなくなっ
ているのだそうです、理由は、「老朽化」だということでした。
当時、足を運んだと言う人は多いと思いますが、あれから年月が経つにつれて
自然のものも「老朽化」といわれるようになってしまいました。
今では、多くの人が家族連れで散歩にきたり、子供たちと遊んだりと憩いの場に
なっていますね。
ただ、かつての面影が徐々に失われてきているというのが、寂しい気持ちにも
なりますね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
現代画報

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル 非正規教員の数

新聞に載っていたのですが、公立小中学校の教員のうち、常勤や非常勤講師の「非正規
教員」が今年度10万9000人となり、教員全体の15.6パーセントと過去最高と
なったことが文部科学省の調査で分かったのだそうです。
人件費抑制や少人数指導のためで、各自治体が給与水準の低い非常勤講師らを年々増やし
た結果、学校現場の6~7人に1人となる計算だということです。
ただ、非正規職員は、期限付きで雇用が不安定なうえに研修不足や長期的な視点での指導
がしにくいなど、教育の質の低下につながる恐れも指摘されているようです。
教育の質が低下するのは、我が子を学校に通わせている親であれば困ることですね。
きちんと授業が進められているのか、生徒のことを把握しているのか・・・教育の現場
で必要なことができているのか・・・。親としては、不安を感じる材料ですね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナル月刊誌国際通信社 避難所生活を送っている人たちへ・・・

3月11日に大きな地震が起きました。
みなさんの地域ではいかがでしょうか。
大変大きな被害があり、日に日に大変な情報がテレビや新聞でも
取り上げられています。
その映像を見るたびに、「ここは日本なんだうか」と思ってしまいました。
多くの人が身の安全を確保するために、避難所生活を送っています。
今、食べ物や物、衣類や寒さをしのぐものなどが足りないのではないでしょうか。
同じ日本でも無事であった地域は多いはずです。
少しでも何かできることがあるならば、私たちの気持ちを送るべきもしれません。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
報道ニッポン

月刊・国際ジャーナル 被災地の子供たちの笑顔

日に日に大きな被害が目に見えてくる大きな地震が起きた地域の様子。
朝、テレビを見ていると避難所生活を送っている子供たちの様子が放送されました。
子供たちはテレビのインタビューに答えていました。
「大切なものが全部流されちゃった」と言っていました。
ですが、その顔は笑顔でした。インタビューに答えていた子供の友達らしき子供も
そばにいて一緒に大声で笑っていました。
「自分がテレビに映っている」そのような感覚だったかもしれません。
子供たちの無邪気な笑顔を見るだけでも心が救われますね。
恐ろしい目にあったというのに・・・。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 チュートリアル福田復帰

1先月10日から急性すい炎のため休養していた人といえば、チュートリアルの福田充徳さんです。その福田さんが2月24日のフジテレビ系「笑っていいとも!」の生放送で無事に復帰されましたね。番組の冒頭で、タモリさんが今日から福田が復帰ですと話すと、福田さんは冠をかぶってに赤いマントという姿で登場し、「戻ってきました、よろしくお願いします」と無事に復帰できたことをニコニコ笑顔で話し、相方の徳井義実さんも嬉しそうでしたね!
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 今年の気象予報

気象庁が、2月24日に今年の3~5月と6~8月の気象予報を発表しましたよ。今年の春の訪れは平年並みだそうで、気温は平年並みか高めの見込みということですから、お花見は前倒しになるかもしれませんね~。気になる雨の降水量は、西日本と沖縄、奄美で少なめの可能性があるそうです。そしてすでに夏の予報が出ているわけですが、今年の夏の気温は近年と同じ様に高めだそうですが、昨年のような猛暑にはならないという予報になっているそうです。うーん、本当かな?

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 電力・ガスの値上げの影響を懸念する

このところデフレが続いていますが、電力10社と大手都市ガス4社が、4月の
料金をそれぞれ値上げする事を発表しています。この影響はどうなるか 注目で
す。電力、大手都市ガス全社そろっての値上げは7カ月ぶりになるそうです。最
近はガソリンなどの石油製品価格も、上昇が続いていますが、今 ニュースで報
道されている中東や北アフリカ情勢による原油価格高騰が更なる高値の原因にな
ることも予想されています。日本経済に与える影響につい ても考えておく必要
があるでしょう。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

月刊誌国際ジャーナル 大学受験の不正とITの今後

ITを使った事件が多発していますが、今回は大学の受験で発生しています。これ
は大学の受験で出た問題が、そのままインターネットの掲示板に張り つけられ
たという内容です。これはどのような手口で行われたのでしょうか。細かい点に
ついてはこれから調査が進むと思いますが、携帯電話の機能も 高度化するにつ
れて、同じような事件が発生することも考えられます。ITは便利な機械ですが、
使い方によっては犯罪のきっかけにもなりそうです。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
現代画報

国際通信社・月刊 ねじれ国会の行方を案ずる

このところ国会での議論などを見ていますが、各党の代表質問から繰り返されて
きた、予算が先か解散が先という問題についてはちょっと疑問を感じま す。特
に、民主・自民の二大政党の党首が、同じ主張をオウム返しに繰り返すだけで
は、国会の論議は平行線をたどるばかりだと思います。もう少し国 民の立場に
たって議論をして欲しいと思います。新年度予算案は衆院を通れば成立します
が、予算執行に必要な関連法案は参院で否決されると衆院で再 議決しなければ
成立しません。ねじれ国会の先行きに不安を感じます。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社
国際ジャーナル

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル アニメフェア開催決定

アニメファンの人には、朗報?!マンガの販売における規制を強化する東京都青少年健全育成条例改正問題のため、出展ボイコットが相次いでいるアニメの総合展示会「東京国際アニメフェア」が、正式に開催されることになったそうですよ。アニメファンの方はホッとされているのではないでしょうか?ただし、以前、2010年3月に行われた出店数が244社だったのが、161社に減り、規模を示す「小間」は、去年の615から480減ったそう。影響は大きかったのですね。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
現代画報

現代画報社の月刊誌 アメリカ経済の主要企業の動きについて

最近のアメリカ経済ですが、航空機メーカーのボーイングが好調の様です。これ
は欧州の航空宇宙・防衛関連企業EADSとの受注合戦に勝利したこと が原因
であると分析されています。さらに、アメリカ軍から空中給油機のプログラムも
受注しています。パソコンなどに使われている半導体メーカーの インテルも株
価が上がっています。このようにアメリカの主要な企業における株価の上昇は、
アメリカ経済にどのような影響を与えていくのでしょう か。中東情勢などもあ
りますから、アメリカの経済の動向も安心できないところかもしれません。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
現代画報

月刊・報道ニッポン・国際ジャーナル ヨーロッパの政局を占うアイルランド情勢

アイルランドは財政危機によって政治的混乱が生じており、連立政権が崩壊して
政治的な混乱も続いていましたが、下院の総選挙の投票が行われていま す。今
後の欧州連合の政策にも影響があるでしょうか。ちょっと気になるところです。
金融不安を招いた与党である共和党の人気は急落している状況で すから、政権
交代が確実な情勢との予測もあります。今後のアイルランドの政局についても、
どのような情勢になっていくのか注目してみたいと思いま す。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル|月刊誌 石油の価格に対する最大限の政府対応を求める

世界の原油価格が高騰していますが、今後の状況も厳しいものになるかもしれま
せん。産油国のリビアなど中東・北アフリカの政情不安がポイントにな りそう
です。もしこれらの地域の混乱が長期化すればどうなるのでしょうか。世界的に
原油高がさらに進むおそれがあるといえます。日本経済への影響 も大きくなる
と予想されます。今後ですが、政府と日銀は市場動向を注視して、暮らしへの打
撃を最小限に抑えるような努力が必要になると思います。



「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

現代画報・月刊・国際ジャーナル 北方領土問題に対する新たなアプローチについて

北方領土に対するロシア側の恐慌姿勢が最近は目につきますが、ロシアとしては
どのような考え方なのでしょうか。ロシアでは「第2次大戦の結果」を 根拠に
北方領土の領有権を主張していると分析されています。日本としても、新たな交
渉を始めるための戦略が必要になっていると思います。中国の台 頭やアメリカ
との基地問題など、日本の周辺を巡る外交環境も変わっていますので、ロシアと
の関係についても、新たな視線から、長期的な視野で政策 が求められていると
思います。



「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報
報道通信社
フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。