スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌 報道通信社 現代画報 後藤麻衣、逮捕される

AV女優兼タレントさんなのに、2009年に東京都議選に出馬したり、今年4月の東京都杉並区議選で落選したことで有名なのが後藤麻衣さんですが、どうやら飲酒運転で事故を起こして逮捕された模様です。高井戸署によれば、5月29日の午前8時過ぎに杉並区の国道で飲酒運転で運転中に信号待ちの乗用車に追突し、乗用車を運転していた男性に軽傷を負わせたとか。やけ酒?!

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

国際ジャーナル 報道ニッポン 震災へ影響を受けた工場の今後について

日産自動車など、自動車メーカー各社も震災の影響を受けていますが、東日本大
震災で被災して、一時操業を停止した、日産の福島県いわき市の工場に つい
て、その動向が注目されていました。最近ですが、すべての生産設備を稼働させ
る態勢が整ったとして、本格的な生産を再開する事になっていま す。この工場
では、震災によって生産設備が壊れたり、工場内でぼやが出るなどの被害が出
て、操業を一時停止していましたが、これは良いニュースで すね。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
報道ニッポン

国際通信社 国際ジャーナルとは 韓国とアメリカの協議によるこれからの北朝鮮への対応

北朝鮮をめぐる動きですが、アメリカ国務省で北朝鮮問題を担当するボズワース
特別代表が韓国を訪問しています。この訪問の背景ですが、北朝鮮に対 する食
糧支援を再開するかどうかを決めるためと報道されています。そのために、近く
国務省の特使をピョンヤンに派遣する考えをアメリカ政府が示し ています。北
朝鮮を巡る今後の国際政治の動向ですが、この地域の安定を考えると、これから
重要な局面を迎えるのかもしれませんので、今後も注目で す。





日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
現代画報

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 ガガの好みは年上男性

お騒がせの世界のアイドル、ガガ。日本でもガガの曲を耳にしない日はないくらい、現在世界中の注目が集まっているガガですが、どうやら年上男性がお好みの様子ですよ。というのも、イギリスのBBCのテレビ番組、The Graham Norton Showという番組で、ガガの恋人のルーク・カールと破局したことで、今はシングルだと宣言したそうですが、その上60歳以上の男性もガガ的にはストライクゾーンなんだとかで、次のガガの彼氏が気になっちゃいますよね~。魔性の女?!

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
報道ニッポン

節電対策 国際通信社 避難民のストレスをケアする体制が急務

東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、被害者のストレ
スが心配です。精神的なストレスを抱える被災者をどう支えていくかを 考える
シンポジウムが東京で開かれています。これはどのような内容だったかという
と、保健師の確保など、継続的な診察やケアができる支援体制が必 要であると
いう事です。政府としても、必要な手当てをするための仕組み作りが必要となっ
てくるのではないかと思います。これからも注目したいと思 います。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナルのビジネスパーソン サミットで日本が目指す取組とは?

フランスのドービルで開かれる、G8サミット=主要国首脳会議ですが、日本の
新しいエネルギー政策に注目が集まっています。出席する菅総理大臣で すが、
東京電力福島第一原子力発電所の事故などにより、日本として太陽光発電の発電
コストを大幅に引き下げることなどを盛り込んでいる、再生可能 エネルギーの
技術開発プロジェクトを表明することになったと報道されています。太陽光発電
などで技術的にリードする日本の力を見せて欲しいところ です。





大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊国際ジャーナルの取材で 長期間の避難生活へのフォロー

震災から2か月が経過していますが、長期間になる避難生活で心身とも疲れ切っ
ている避難民をテレビで見てきました。避難生活の改善や仮設住宅の建 設など
に、政府が一丸となってフォローしてほしいと感じます。最後の最後まで、政府
としての責任できちんとした対応をすることを、菅首相としても 国民にしっか
り約束してほしいところです。これから原発事故に対する賠償も進められると思
いますが、住民の心情をしっかりと理解して進めてほしい と思います。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

月刊国際ジャーナルの取材で 有機微生物群

新聞に載っていた記事からですが、6月初旬のプール開きを前に、福岡県にある
小学校が、プール清掃に有機微生物群を利用して環境を考える取り組みを始めた
のだそうです。
この有機微生物群は、長期間使っていないプールの壁面や底などに付着する
「ぬめり」を分析する働きがあるそうで、水質浄化に多く利用されているものだ
ということです。薬品でプールを洗っても、その水が流された川が汚れることに
なるということです。有機微生物群は河川の汚泥も分解するという効果もあると
いうことが新聞に書かれていました。環境のために、また子供たちの体のためにも
薬品を使うのではなく、こういったものを利用するのが一番良いのかもしれません。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン
現代画報社

月刊国際ジャーナルの取材で 文房具が被災地へ

「お気に入りの鉛筆や消しゴム、ノートを被災地の子供たちに使ってほしい」と、
小中学生の思いがぎっしり詰まった学用品が大阪府豊中市の学校から、宮城県、
福島県の学校に届けられたそうです。
市内の約50小中学校が協力して、各地から寄せられたのはアニメキャラクターの
書かれたノートや香りつきの消しゴムなどダンボール138箱分だということです。
やはり子供たちが欲しいものは、子供たちが一番よく知っているのですね。
「震災」に関する記事が以前、雑誌「現代画報」にも載っていたように思いますが、
自分の身にいつ降りかかるかわからない震災。大変な思いをしている地域に協力
するのは当然かもしれませんが、それを利用した悪質な犯罪が起きていることは
許せない話です。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報
報道通信社

月刊誌現代画報から 歴史を感じる物

今の時代に、歴史ある、それもかなり歴史を感じる物が発見されると、不思議な気持ちになり
ます。私が学生時代に歴史の教科書に載っていた写真の物が今になって発見されるのです。
このような歴史あるものを発掘される専門家というのは、きっとその魅力を必要以上に感じ
取っているからこそ、続けておられるのでしょう。

今後も、どのような歴史ある物が発見されるかわかりません。私は専門家ではないのですが、
発見されたというニュースがまた報じられたときには、私もまた不思議な気持ちになるので
しょう。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌国際ジャーナルの国際通信社 黄砂

5月に入った2日、私の住んでいる地域ではとても暖かい1日でした。
少し動くと汗が出てしまうくらいの気温だったのではないかと感じています。
おそらく多くの地域で同じような状況だったかもわかりませんね。
そしてこの日の朝からテレビで放送されていたのが「黄砂に注意」でした。
洗濯物など気になりながらもせっかく天気がいいので・・・と外に干していました。
気象庁によると、東京、横浜、大阪、新潟、長野、金沢などでは今年初めての確認
だそうです。この日の午前9時には水平に見通せる距離が10キロ未満の所が出た
そうです。この黄砂は翌日の3日にも広い範囲で続く見込みだと言われていました。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン

報道通信社の報道ニッポン 八重紅枝垂桜

新聞に載っていたのですが、京都・平安神宮神苑の八重紅枝垂桜(やえべにしだれざくら)
が満開を迎えているそうです。新聞にも写真が載っていましたが、見るからに芸術的な
素敵な桜です。可憐な八重の花が無数についた枝は滝のように地面まで垂れ下がっています。
多くの人が見物に足を運んでいるのではないでしょうか。
気候も良くなっています。ますますの人が見に行くかもしれませんね。
私は実物を見たことがありませんが、新聞に載っている写真を見ただけでも心が洗われた
ような気になりました。
やはり日本は、四季をこんな素敵な花で感じることができるのです。
とても素晴らしい国だと改めて感じました。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社
国際ジャーナル

ザヒューマンにて 共和党が考える大統領戦への戦略とは?

アメリカの次期大統領選挙ですが、オバマ大統領に対抗する、共和党の候補選び
が難航している様です。不動産の富豪で有名なトランプ氏や、アラスカ 知事の
ベイリン氏などが候補として名前が上がっていますが、いまだに本命不在という
状況の様です。現職のオバマ大統領は、民主党の中でも特に目 立った対立候補
がいないという状況です。アメリカ国内の経済も回復傾向になるので、現状では
共和党にとっては戦いにくい選挙戦という感じでしょう か。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社の国際ジャーナルとは 日本の安全性をもっとPRするべきだ

日本からの輸出品に対する風評被害が大きくなっていますが、この問題に対して
は、日本政府や各自治体からも、安全性をアピールする取組が必要と なってい
ると思います。日本から輸出する食品の他、日本へ観光に来る人も激減していま
すから、観光産業にとっても大きな打撃となっています。原発 事故に対する情
報開示も重要です。それと同時に、他の地域の安全性について、もっと積極的に
各国へ理解を求めていくような努力が欲しいところで す。



日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

国際通信社の国際ジャーナルとは 東北新幹線、50日で全線復旧。

過去の教訓が生きた例といったら、新幹線のようです。東北関東大震災発生から、なんと50日という日数で東北新幹線は全線復旧。これは、もともと過去の震災時に高架橋の橋脚やトンネルの耐震補強を進めていたために、重大な被害を免れることができたのだとか。ちなみに、阪神大震災では81日かかったそうですし、新潟の中越地震では66日かかったそうですから、過去の教訓が生きたといえると思いますよね!ただし、停電のトラブルだけは回避できてないようです。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
現代画報

ザ・ヒューマン 経営者 パナソニックが進めるリストラの行方

震災の影響など、これからの日本経済の行方も不透明なところが大きくなってい
ますが、パナソニックでは、海外を中心として合理化を進めて、4万人 の従業員
を削減する計画の様です。最近吸収合併した三洋電機など、重複する部門をリス
トラして、より強い企業体質を目指すのが目的ではないかと思 います。電器産
業については、新興国でもその実力が伸びていますから、これからの国際的な競
争で生き残るためにも、必死なのかもしれません。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマン 経営者 日本人の平均年収はどれくらいが妥当であるか?

最近、国際ジャーナルでよく取り上げられている記事には、どのようなものがあ
るのでしょうか。日本人の平均年収の問題でしょうか。自分自身、経済に関して
の理解力は弱いと思っています。その点を改善していきたいと、思うところで
す。これは他のビジネスパーソンの方々はどうなんでしょうか?日本人は平均と
いう概念に弱いところがありますから、平均年収や平均身長・体重、学生時代
だったらテストの平均点など、なにかの平均値より上か下かで一喜一憂したり、
あるいは平均値に近いことが美徳であるかのように考えたりするところがあるの
かもしれません。これは、単純に平均といっても、いろいろな種類があることを
忘れないほうがいいと思います。ですから、たとえばの話として、総務省の家計
調査があると言えます。実のところ、2008年の勤労者世帯の平均貯蓄額は
1250万円であると聞いています。この金額はどうなんでしょうかこの数字
が、多くの人にどのようなイメージを与えるのでしょうか。その点は気になると
ころです。国際ジャーナルでも、このようなデータを分析してもらえるといいの
ではないかと思います。いろいろと数値的な観点からわかることがあって、これ
は面白いと感じます。







国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社
報道ニッポン

東京国際ジャーナル 日本海が朝鮮海表記した日本古地図発見

日本海が「朝鮮海」、日本の太平洋岸を「大日本海」と表記したとされる、

日本の古地図が発見され、韓国側が東海と日本海の併記を求める意見を、

国際水路機関に提出。



釜山外国語大学の金文吉韓日文化研究所所長の言い分では、地図は日本の

古書店で入手、制作年は1835年となり、これまで公開された朝鮮海表記の

地図の中で最も古いものだと。



そして日本海と表記されている地図というのは、1904年の日露戦争の前後

に制作されたもので、日露戦争を契機に日本が朝鮮海を日本海と表記し、

独島までを支配下に置く意図があったと、分析しているそうです。






日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報
報道通信社

国際通信社より 菅首相、仮設入居目標は「私の見通し」

菅直人首相ですが、お盆までに仮設住宅に希望者全員を入居できるようにすると発言
しましたが、

その理由について、「私が強く指示すれば実現できると、私なりの見通しで言った」
と述べました。

しかしこの発言するに当たり、大畠章宏国土交通相ら関係閣僚と事前の擦り合わせも
していない。



「私の見通し」がもし実現できなかったら、「すいませんでした、思ったより時間か
かりますね~」

とでも、謝るのでしょうか・・・



もっと、綿密な計画の元、総理大臣としての発言をお願いします。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナルとは ママ鉄が増えています

「ママ鉄」が増える中、子連れではカメラを抱えた熱いマニアが殺到するホームなどに並ぶとい
うのは非常に大変です。そんなママ鉄たちの参考書が、昨年7月に出版されたのだそうです。
その参考書を見て、子供だけではなくお母さんも楽しめるようになっているようです。

子供と同じ趣味を持つというのは、とても良いことなのではないかと私は思います。子供だけが
楽しむのではなく、親子一緒に1つのことを楽しむというのは親子のコミュニケーションをとる
のに良い方法だと思います。子供も、ママと一緒に楽しめるということは嬉しいはずですよ。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル・報道ニッポン 不戦不焼の城

現代画報」の表紙には、国宝で世界遺産の姫路城がよく登場します。

その姿がまるで白鷺が羽を広げたような美しさであることから、「白鷺城」と呼
ばれます。

NHKの「歴史秘話ヒストリア」でも特集されていましたが、当然のことながら
姫路城はやはり、戦に備えて作られた城。
しかし不思議なめぐり合わせからか、一度も戦を経験していない城。「不戦・不
焼」の城と呼ばれています。

そのため、城の姿が当時のままの美しい姿をとどめることができているのですね


その堅固なつくりは、当時、日本にやってきた外国人宣教師を驚愕せしめたほど
でした。

心柱は東西に2本、高さ24.6m、根元直径95cm、末口42cmという立派さ。そのせい
でしょうか。あの阪神大震災の時でも、被害はさほどではなかったと聞いていま
す。

内濠、中濠、外濠の三重の堀が、左回りのらせんを描き、その総延長は約11㎞
。さらに城郭をなす内曲輪、武家屋敷の中曲輪、城下町のある外曲輪が複雑なつ
くりになっており、外敵が立ち入りにくくなっています。

さて、平成22年、姫路城は平成の大修理に入ります。美しい外観は工事のため
に囲いをされてしばらく見ることができません。

この4月は、白鷺の姿としばしの別れを惜しむため、姫路城のある大手前公園は
、いつもにもまして花見客でにぎわったことでしょうね、





大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報

ザ・ヒューマン 「パーマが緩い」と因縁

雑誌「報道ニッポン」には「美容」に関する記事が紹介されているように思います。
今や「美容」というのは、女性だけではなく男性も日々努力されている人が多いのでは

ないでしょうか。男性用化粧品も数多く販売されていますし、男性エステをされている

店もあるようです。
女性も男性も、化粧品を使って顔や手足、首などの手入れをしている人もいると思うの

ですが、やはりヘアスタイルにこだわる人もいるのではないでしょうか。カットだけ
ではなく、カラーやパーマを当てて自分独自のヘアスタイルを楽しむと共に、周りから

いかに「素敵な人」と言われるように努力されていることでしょう。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社
国際ジャーナル

ザ・ヒューマン 今は寂しい商店街

私が子供の頃に毎日のように行っていた商店街が「シャッター街」になっているという

ことを知りました。
私は今でも「ここにはこのお店」「あそこにはあんなお店」と場所を覚えているのですが
残念ながら数年前からシャッターが閉まっており、開けることはなくなっているようです。

かなり前から大きなスーパーが商店街の近くにでき、そちらに足を運ぶ人が多くなったようです。
それからは商売にならない・・・ということで、ふと気付くと「シャッター」が目立つように
なってしまいました。

このような状況がかなりの地域で見られているのではないでしょうか。
テレビでも複数の番組で取り上げられていたように記憶しています。

ある県では、若者が自分の育った地域からどんどん離れていっている・・・ということが問題
になっているようです。ある新聞記事で紹介されていました。
親や近所の人が「これから、チカラになってもらおう」と期待していた若者は自分の夢を叶えるために、
また都会に出て就職をするために出て行ってしまうようなんです。
そのために、今まで活気あふれた商店街が「跡取りがいない」ということで、やむなく店を
閉める・・・というところが増え、結局は「シャッター街」になってしまった・・・という
ことだそうです。

私が行っていた商店街では、とても優しいおじさんやおばさんがいて、母のおつかいで行くと
「お母さんの手伝いしてるの?賢いね。じゃあ、ご褒美あげようね」とお菓子をくれたり
おつりを多く渡してくれたり、かわいがってくれました。
ある程度の年齢になってからでも、「仕事、がんばってるの?」「うちで買ってくれた、自転車
の調子はどう?」と話しかけてくれたものです。

大きなスーパーでの買い物は、便利で様々な専門店が入っているので見るだけでも楽しいかと
思います。
でも、「人情」という面ではやはり「商店街」は素晴らしい存在ではないでしょうか。

私は、そう思います。「もう一度、あの活気ある商店街を」と願っているのは私だけでしょうか。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

報道通信社 ット依存者の明けない夜明け

全米で、重度のネット依存症者のための治療施設ができたとニュースで知りました。緑豊かな広い敷地に建てられた施設で、140万ぐらい払って45日間パソ無し(デトックス=要するに毒抜き)生活を送るそうですよ。一読して「無理じゃない?」と思ってしまいました。パソコンやネットから強制的に隔離された環境で更生したところで、自宅に戻れば元の木阿弥じゃないかと。確かに家族の協力でネット環境を排除することは可能かもしれませんが、一歩外へ出れば今の世の中、コンピューターと付き合わずに生活することの方が難しいと思いますよ。それこそ引き篭もらないとだめなんじゃないのかな?周りに誘惑が多過ぎますよ。
まあ、重度ってことは、社会生活ができなくなるくらいの依存なんでしょうね。学校に行かない、働けない。。日本でもオンラインゲームにはまって抜け出せなくなっている人たちが居ますね。小学生の依存症者も少なくないそうです。国際通信社でも子どものネット依存について警鐘を鳴らしてますが、ウチの中学生の甥っ子もかなり依存しています。夏休みは酷い時は昼ぐらいに起きてきて、ご飯以外はずーっと部屋に引き篭もってゲームをしてました。「楽しい?」と聞くと、「うん。執着しているんだ」と自分で認めていました。親は半ば諦めていて「その内飽きる」方に賭け、やることさえやれてれば今は黙認するしかないというスタンスです。
自分もネット依存なところがあるので、あまり偉そうなことは言えませんが、人間は快楽のみ追及しては生きられないですよね。お楽しみには必ず終わりがあって、辛いことや苦しいことを乗り越えて初めて、喜びが待っています。ゲームの中で主人公たちはそういう「生」を生きている筈で、プレイヤーそんな彼らにはまっているのなら、実体験したときの感動はもっと大きくなると思うのです。剣や魔法が無くても、「生」を楽しむことはできるから。明けない夜は無い・・いつも誰かが言っていること。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
国際ジャーナル
フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。