スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 文芸 立つ鳥跡を濁す



自殺者が年間3万人を超える今、以前は見向きもされなかった遺族の将来についても他人事では済まなくなってきているかもしれません。自殺者が出た賃貸住宅はいわゆる訳アリ物件として、専門用語では心理的瑕疵(かし)物件言うそうですが、後始末やクリーニングあるいはリフォームに費用がかさむ上、賃料の値下げしなくてはならず、大家や不動産会社に損害が出ます。これを自殺者遺族に不当な金額で請求する業者が増えているそうです。中にはアパート全体を建て替えるからという理由で一億円もの賠償請求をされた例もあるんだとか。そりゃ幾らなんでもやり過ぎですよね。
後に残された遺族にのしかかる精神的負担は計り知れません。更に近年では働き盛りの年齢で、高校や大学進学前の子どもを残して自殺する人が増えているので、金銭的負担もかなり深刻でしょう。そこへ持ってきて賃貸の賠償請求とかされたらね。。一方、貸す側にしたら物件の価値を下げられたわけですから、被害者ということになります。そう考えると、自殺者は加害者にもなり得るんですね。政府の自殺予防策はどうなんでしょう。政府は声高に「死ぬな!」と叫んでないで、景気を良くして教育と医療をもっと充実させることに専念するしかないと思いますが。国際通信社の各雑誌はこの問題をどう取り上げていくのか、期待したいところです。





以前、その方から先輩にトップフォーラム 取材電話を対象として行っているところのリストを作成しているそうです。
美容関係といえば友人自身も詳しく何度か話を聞いた事がありました。
テレビCMでもよく目にする防犯カメラの広告や、最近、監視カメラのカメラが目に飛び込んできました。
株式会社国際通信社から出版されているトップフォーラム 特集を読みました。これからの日本を支える企業経営者がたくさん紹介されていました。
友人が後日聞いた話では、知人がSONY α550 DSLR-A550Lを購入したが、使い方が難しかったけど、ようやく使いこなすことができたそうです。
友人の叔父は中国人 結婚をする予定のようで、株で貯めたお金で結婚費用を捻出するつもりだそうです。
現代画報社 ビジネスの雑誌記事の中にはカメラ、パソコンに関する情報が記載されており、説明書は大切にした方がよいのだそうです。
雑誌、リーダーズアイ 評判に訊くで紹介された取材記事を読んでビジネスの参考にしました。
そのお陰もあり、今では報道ニッポン 月刊を読む方にも、分かり易く解説できるようになったそうです。
以前から一戸建て住宅を希望していた友人ですが、不動産 大阪 土地で検索されるサイトでとうとう住宅を見つけたようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。