スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|頑張った我が子へ・・・

今週末で1学期が終わり、来週からいよいよ夏休み・・・
という子供が多いのではないでしょうか。

私の知人の子供さんがこの4月から幼稚園に入園し、
毎日心配ばかりしているそうです。
その子供さんは、知的障害なんです。
「自分の子供と同じ年齢のお友達についていけるかな」
と心配していたそうです。

担任の先生は、「お母さん、あまりにも心配しすぎですよ。
お母さんが思うほど、お子さんは何もできないわけではありません。
ちゃんとお友達がいて、一緒に仲良く遊んだりしていますよ」と
言ってくださるそうなんですが、知人は自分の目で見ていないので
「本当だろうか」と先生の言葉を疑っていました。

行動はクラスで一番遅いし、工作もうまくはさみが使えないので
先生と一緒に作ったり、先生のお手伝いがないと、幼稚園での生活は
厳しいといえば厳しいのだそうです。

でも、この1学期の間に少し成長したそうです。
今まで、幼稚園のトイレは先生の手をつないでじゃないと用を済ますこと
ができなかったのが、1人で行って用を済ます事ができるようになりました。
お友達の名前が言えるようになりました。
苦手だった集団生活に慣れることができました。
知人は、「親としてハナマルをあげたい」と言っていました。

担任の先生にこう言われたそうです。
「クラスの子が、あなたのお子さんのお世話を色々してくれるんですよ。
4歳、5歳の子供達がすぐにあなたのお子さんの行動に気づいて、手を差し伸べて
あげたり、困っている様子を見たら手伝ってあげたり・・・。子供って
すごくやんちゃな面もあれば、こんなにも人の手助けができるんだと、長い保育士
生活の中で、初めて教えられました。また、あなたのお子さんのおかげでうちの
クラスが一致団結しているんです。素晴らしい事ですよ。」と。
その言葉に知人は、ありがたく思ったそうです。

先生の説明に理解ができなかったり、言葉がうまく話せないので自分の中で伝えたい
ことがあってもうまく伝えられずに困っていたりすることがあるようですが、
ゆっくりゆっくり成長していってほしい・・・と知人は言っていました。

1学期の終業式に、知人は子供に頑張ったご褒美をプレゼントするそうですよ。
きっと、喜ぶでしょうね・・・。

みなさんのお子さんはどうでしょう。この1学期、頑張りましたか?


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。