スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル クロマグロ漁獲量の規制の影響を考える

マグロといえば、日本人にとってもなじみの深い魚です。寿司や刺身などでもか
かせない魚と言えます。このマグロについてですが、世界的に漁獲量を削減する
動きがある様です。主な産地である大西洋や地中海のマグロですが、このマグロ
資源を管理する「大西洋まぐろ類保存国際委員会」という組織では、クロマグロ
の漁獲枠を40%削減することで合意しています。クロマグロについては主に回
転寿司のネタやスーパーの特売品として使われていますが、今回の削減によって
供給量が減った場合、価格が上昇する事が懸念されます。すぐに市場に影響がで
る事はなさそうですが、来春以降に値上がりする可能性は大きいと予想する専門
家もいます。最近は高級魚であるマグロ自体の消費も落ち込んでいる様ですが、
このクロマグロの削減については、庶民に対してもマグロ離れをもたらすかもし
れません。国際ジャーナルなどでも報道されている様に、世界的に水産資源を確
保する競争が激しくなってきています。これは世界各国で魚を食べる量が増えて
いる事、特に近年は経済的に発展してきた中国の買い付け量が増えている事が要
因ではないかと言われています。手軽に感じていたマグロですが、これからは食
べる事が減ってしまうかもしれませんね。





国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判
国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。