スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 ピラミッド

人類の歴史を見ていく上で、世界遺産に注目していくと、興味を持って知識を増
やすことが可能です。国際通信社が発行している雑誌などでも、よく世界遺産の
記事は出ていますが、いつか現地に行ってみたいと思う遺産も沢山あります。例
えば、エジプトのギザのピラミッドはその代表的な世界遺産です。もちろんだれ
もが知っているピラミッドですが、何回見ても不思議な気持ちになってしまいま
す。これは紀元前27から22世紀頃の遺産と言われています。ピラミッドは国
王のお墓として作られたと言われていますが、ギザのピラミッド群は、クフ王、
カフラー王、メンカウラー王の三人のピラミッドが揃っているものです。ちなみ
に、スフインクスの像は、カフラー王によって作られたそうです。また、エジプ
トには、アブシンベルの神殿という世界遺産もあります。これは新王国時代第
19王朝の王である、ラムセス2世が建造したいといわれている巨大な岩窟神殿
です。紀元前13世紀頃の建造と言われています。巨大な岩を切り崩して、そこ
に太陽神ラーを刻んだその姿は、写真から見ても壮観です。実際にエジプトに
行って現場で見たときは、一体どのような形でせまってくるのか、想像するだけ
でも楽しくなりますね。







月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。