スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 京都「花灯路」

 現代画報の2007年12月号表紙は京都「花灯路」の嵐山・渡月橋の写真でした。

 花灯路は、木々などに電飾を施すのではなく、道々の足元を、小さい「灯籠」
多数が照らします。
 
 眩いばかりのイルミネーションとは違い、幽かな灯りに導かれて夜の京を楽し
む、古都ならではの幻想的な光のイベントです。

 春3月は東山周辺で、暮れの12月は嵐山界隈で行われます。エリアによって置か
れる灯籠は、清水焼のような陶器だったり、和紙のものだったりと、趣向も様々
です。

 灯籠が置かれるのも、アスファルトの無粋なものではなく、石畳の小路や竹林
の間の小道。

 灯りに導かれて、ついつい歩いてしまいます。イベントスポットも沢山ありま
すしね。

 それにしても12月の嵐山の寒さの厳しいこと。京都の底冷えを思い知らされま
した。

 手袋をしていたのにかじかんだ指が、散策のあと入った湯豆腐のお店の空気に
温められ、じんじんしてきたのを覚えています。




ニッポンの夜明け
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。