スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報 子供手当ての効果を考える

民主党政権の大きな柱として、子供手当ての支給があります。この政策について
は、賛否両論あると思います。国際ジャーナルでもその点については、細かい動
向を調査してもらいたいところです。これまでも子供のいる世帯には「児童手
当」が支給されていました。しかし子ども手当が始まるために、この児童手当は
廃止となります。いままでの児童手当の支給額ですが、3歳未満の子供が1人月
1万円、3歳以上小学校卒業までは1人月5000円(3人目以降は1万円)と
なっていました。結構な金額ではないかと思います。しかし支給される世帯主の
所得に対する制限もありましたから、これが新しい制度と違ってくるところで
す。一定以上の所得がある場合は支給の対象外だった。民主党の鳩山政権がマニ
フェストにおいて目玉としていましたが、これはばら撒きという批判もありま
す。子育て支援としての効果はどれほどあるのか、微妙なところかもしれませ
ん。この制度によって日本の少子化に歯止めがかかるのでしょうか。それとも、
財政への負担増によって、日本の景気に悪影響を与える懸念もあります。いずれ
にしても、子供手当ての今後については、充分に検証を行いながら進めてもらい
たいところですね。





現代画報との出会い
press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。