スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談取材 名古屋場所、どうなる

大相撲の野球賭博問題で日本相撲協会は6月21日、東京両国国技館で臨時理事会
を開きました。この様子はテレビでもリアルタイムに放送されていました。
今回の問題はテレビや新聞でも大きく取り上げられていて、名古屋場所の対応
を協議したといいます。

臨時理事会終了後、複数の出席者は「名古屋場所は開く方向で進める」と語った
のです。今後の推移を見た上で、7月4日に名古屋で臨時理事会を開いて最終判断
するということです。

そして野球賭博などをしていたと申告した力士などの氏名は、臨時会出席者にも
明らかにされなかったそうです。
相撲協会では引き続き外部有識者による調査チームの初会合を開いた後、武蔵川
理事長などが記者会見する予定だそうです。

初めて報道されてから、テレビ番組などでは個人名がはっきりと報道されています。
これに関して人によっては「中止すべき」「中止すべきではない」と様々な意見
を持っているようで、ある番組での街頭インタビューでは多くの意見が取り上げら
れていました。歴史ある国技の大相撲が、今大きな問題を抱えています。今後、
きちんとした対応をしないと多くの人が認めないのではないでしょうか。


ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
報道ニッポン 取材 国際ジャーナルは人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。