スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 人口減少への対応

これからの日本においては、少子化の改善が行われないと、人口が減っていくこ
とになります。ある試算によると、2030年には、約20%の人口が減ってし
まうと言われています。よく、国際ジャーナルなどでも少子化への対策について
は議論がされていますが、日本という国の将来を考える上でも、この問題につい
ては、もっと取組みが必要なのではないかと感じます。人口が20%減るという
のは、どのような事なのでしょうか。単純に計算すると、内需が20%減ること
になると思います。ですから、小売業や外食産業など、一般消費者を相手にして
いる業界にとっては、厳しい時代になることが予想されます。また、高齢化も進
行した場合、若年層における購買力も落ちますから、耐久消費財、住宅関連のビ
ジネスにとっても、対策が必要になるはずです。私立の高校や大学、学習塾など
の教育産業にとっても、非常に重いテーマではないかと思います。一方、労働力
が少なくなりますから、ロボット産業は発展するかもしれません。人材派遣業な
どの労働力を供給する業界にとっても、人口の減少は追い風になるかもしれませ
ん。いずれにしても、人口の減少という問題に対しては、それほど時間的な猶予
はないと思います。







月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年6月号のご案内
国際ジャーナルとの巡り合い 報道ニッポン│充実の特集・取材記事で「ニッポン」を斬る国際通信社の月刊経営情報誌(特集・対談取材記事)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。