スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談取材 選挙を前にした各党の公約を考える



暑い日が続きますが、これからの政局は参議銀選挙に よってますますヒート
アップすると思います。この日本の政治に対する国民の声を届ける大事な選挙に
対して、国際ジャーナルでも充分に分析を 行ってもらいたいところですね。最
近のニュースとして民主、自民など各政党が、7月11日投開票の参院選の公約
を相次いで発表しています。今 回の参議院選挙の論点はどのようなところにあ
るのでしょうか。消費税論議をはじめ、論点は数多くあると思います。日本の将
来を決める大事な選 挙になりますから、各党とも活発な政策論議を展開してほ
しいところですね。民主党の公約は、昨年の衆院選の政権公約に比べ、どのよう
になって いるのでしょうか。現実路線に大きく舵を切ったのではないかという
論評があります。民主党にとってはここが正念場になる予感がします。特に、
財政健全化については、10年後に基礎的財政収支を黒字化する目標を掲げてい
ます。そのための方策として「消費税を含む税制の抜本改革」の超 党派協議を
開始すると明記しています。この公約がどのような意味合いを持ってくるのか、
これからも注目していきたいと思います。いずれにして も、選挙への動きはと
ても興味がありますね。




press-blog.org | 報道ニッポン | 報道通信社
評判の取材先に行く国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。