スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の国際ジャーナルの特集 リメイクものは難しい

夏休みと言えば、映画です。子どもの、という注釈が付きますが。公園で遊んでばかりで退屈し始めた頃を見計らって、お友達家族と映画に行ってきました。毎夏の恒例だったポケモン映画は、今年はとうとう卒業して、『トイストーリー3』をチョイス。水曜日のレディースデイを狙って行ったこともありますが、すごい人出で、広いロビーは母子連れでいっぱいになっていました。もう封切られて随分経っていたのに、あっという間に席が埋まったみたいでビックリです。ウチらは上映タイムテーブルを間違えて1時間早く来てしまったおかげ(?)で、大所帯3家族8人にもかかわらず並んで座ることができました。映画の出来もなかなか良く、母たちは感動の涙を、子どもたち(全員男子・・)はゲラゲラ笑えて、鬱屈した夏休みを忘れて久々に楽しんだのでした。それにしても、気になったのはロビーにでかでかと貼られていた 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の宣伝ポス
ター。現代画報8月号にもレヴューが載っていましたね。ママ友たちと「子どものときよく観たよね~」「観た観た」と盛り上がりました。でも、リメイクものは難しいですよね~。元が大作だと「なんでこれをリメイクするかな?」と言われかねないですから。もう一つのリメイク映画、『ベストキッド』はどうなんでしょうね。ジャッキーとウィル・スミスの息子ちゃん、スタント無し?の本格アクション映画になってて、結構いい感じだと思ってるんですが。



国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。