スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語ノートの存在

「小学校英語」の必須化が来年の4月に迫っているそうです。
文部科学省は、昨年の事業仕分けで廃止とされた補助教材の「英語ノート」について、
今後も無償配布を続けるという方針を決めたといいます。
多くの学校現場から廃止反対の声が上がったそうで、また、デジタル化しての配布を
検討したものの新たに著作権費用が発生することや、自治体や学校で印刷すると現在の
数倍の費用が全体でかかることが判明し、方針を転換したのだそうです。

この「英語ノート」というのは、新聞記事によるとイラストを多く使い、あいさつや数の
数え方などを遊びやクイズを通して学べる内容になっているそうです。
子供向けに仕上がっているものなのだろうと私は思います。
私個人的には「小学生から英語が必要なのだろうか」という疑問を持っています。
が、国が決めた以上はやはり小学生からの英語授業というものが将来必要となってくると
判断できるのでしょうか。

雑誌「現代画報」でも載っていた「政権交代」。この政権交代後、大きく報道された
ひとつとして「事業仕分け」があると思うのですが、教育というのは子供に必要なもの
だと思っています。教育に必要なものは必要なものとして置いておくべきかもしれませんが、
もっと他に削れるところがあるのでは・・・。私はそう思います。
庶民が「事業仕分け」を担当すれば、きっとかなりの無駄が省けるような気がします。
議員や位の高い人が担当していては、なかなか「無駄」の意味が理解できていないような
感じにもとれるのですが・・・。いかがでしょうか。


国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。