スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 新古書と新刊書

読書の秋です。
数ヶ月前に結婚、引越しをしてから家の整理や掃除、買い物などに

バタバタとすごしており、ゆっくりと読書する時間がありませんでした。

最近ようやく生活が落ち着き、少しずつ空き時間も増えてきたし、

季節もよくなってきたので、好きな読書をしたいと思うようになってきました。



現代画報に、「安い新古書、愛着持てる新刊書。買い手はどちらを選ぶのか?」

という記事が出ていました。

私が子どもの頃は、本といえば

新刊書を扱う書店で購入するか、図書館で借りるものでした。

今はそれだけでなく、さまざまなジャンルの本を扱う古本屋や、

アマゾンなどのインターネットサイトでは新刊から古書まで、本を得る方法は

かなり多様化しています。



潔癖症で、新刊以外の本は買わない、読まない、という人は新刊を選ぶといいと思いますが、

私個人としては、新古書や新刊書、購入方法など、どれも限定することはなく、

その時々に応じて利用させてもらっています。



発売前から欲しいとチェックしている本については、職場に近い新刊書店に予約して購入したり、

時間つぶしに入った古本屋では、初めて読む作者の本を安価で購入して挑戦してみたり、


調べものをするための参考文献は図書館で借りたり、

暇な時間にインターネットで売れ筋の本や話題書を検索して、そのままネット購入したり、

昔に比べたら、本の入手は大変便利になり、さまざまな本に出会うきっかけも多くなったものだと思います。



今後も状況に合わせて、さまざまなツールを利用させていただきつつ、

たくさんの本とすてきな出会いを果たしていきたいものです。

国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。