スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 普天間の問題に菅政権はどのように対応するのか?



民主党への政権交代はとても大きな政治の動きを感じ ましたが、その結果とし
て、まだまだ重大な問題が未解決で残っているのでないかと思います。その一つ
が沖縄の米軍普天間飛行場移設問題です。 この件に関しては、少なくとも具体
化への道筋という点で、まだまだ答えが見えてこない状況ではないかと思いま
す。これからどうなっていくので しょうか。日米共同声明によって、代替施設
の工法や位置の検討完了の期限となっていた8月末できまるのでしょうか。国際
ジャーナルでも、この 問題については、細かい分析を行った上で、これからの
具体的な解決策を提示してみてはどうでしょうか。そのような動きがマスコミに
も求められ ているのではないかと思います。実際のところ、複雑な政治バラン
スの中で封印されたかに見えた「県外移設」という沖縄県民の真意を引き出した
のは民主党の成果なのかもしれません。しかし結果は自公政権下の案と同じに
なっています。これから菅政権はどのように対応していくのでしょう か。それ
が気になるところです。普天間飛行場は、国の安全を語る以前に住民の安全を脅
かす存在となっています。この問題の本質はそこにありま すから、まずは早急
な移転を考えて欲しいところです。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。