スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル 海外への進出戦略を練る日本企業

これからの日本では、新しい産業の育成が大事です が、経済成長を続けるアジ
ア諸国などとの国際競争も激しくなると思います。そのような状況で、大手商社
は相次いで若手社員に海外経験を義務付 ける制度を導入しているというニュー
スを目にしました。これにはどのような考え方があるのか興味深いところです。
例えばある商社は、入社8年 目までに全員を新興国などに派遣することにした
そうです。この戦略はどのようなものなのでしょうか。内向きと言われる最近の
日本人ですが、改 めて海外への飛躍が求められているのかもしれません。国際
ジャーナルでも、このような状況についての分析を行って欲しいと思います。そ
の他に も、電機業界では大手メーカーが新興国での社員採用を増やしていま
す。英語を社内の公用語としている会社も増えています。人事面における国際
化が、これからは進んでいくのではないかと思います。日本人としてのキャリア
ステップも変化があるのかもしれません。単に外国語ができるだけ ではなく、
海外の異文化の中でビジネスの成果が出せる人材が必要となっているのでしょう
か。これからの日本経済の一つの動向として、海外への 進出というテーマは引
き続き注目したいと思います。






国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

The opening of Japan

最初の開国は明治維新である。二番目の開国は戦後である。三番目の開国はこれからである。


考え方にはいろいろある。自分たちの考え方が理に合わないものであることを証明するのは難しいことである。だが、それが証明できなければ、おかしな考え方を改めることも難しい。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。