スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊・国際ジャーナル・国際通信社 就活を支援する塾が学生に評判?!

就職戦線が冷え切っているのは、再々ニュースなどでも報じられていますが、見出しに「35歳の年収は、10年前より200万円下がった」と付けられている2009年12月に発売された書籍『”35歳” を救え』(阪急コミュニケーションズ
刊)が学生、若年層に大きな衝撃を与えていると言います。書籍等にありがちな極端な事例の一端を捉えてセンセーショナルに煽っているのかもしれませんが、このデフレの進行が止まらなければ一般的なことになってしまうかもと思わせる現状です。今の学生は団塊の世代以上に厳しい世間の波に揺さぶられています。団塊の世代は、競争は厳しかったが、まだ高度成長時代を享受できただけ、今の学生よりは現時点では幸せと言えるかもしれません。
さて、就職氷河時代にチャッカリと言って良いのか、目先が効くと言うのか、底堅いニーズが以前からもあったのか就職を支援する有料の塾が学生達に人気で盛況のようです。大学の就職支援では不十分なのか企業に好印象を与える自己アピールの方法をレクチャーしてくれるそうです。この塾によると内定が取れている学生は「主体的に考え、行動できる」という。従って、この塾はこの点をアピールする方法を個々の学生に合わせて指導してくれると言う。取り立てて、目新しいことでなく昔から言われてきたことであるが、今の学生には、そのアピール力が無いということなのでしょう。学生の本質が変わっていないのに面接テクニックで企業が騙されて採用するとなると、企業側でも、就職テクニックのみに長けた学生を排除するテクニックが必要となってきます。企業相手の塾がこの次は人気になるのかもしれません。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。