スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ヒューマンの美食探訪 自分が死んだらSNSは?

 もし今私が死んだら・・・。と言う気持ちをもったことのない人はいないと思う。今クレジットカードの返済、家賃、パソコン、ミクシィやブログなど。いろいろ気になってくる。親は特にパソコン関係はわからないだろうし・・・。以前ミクシィのマイミクのお兄さんから「妹が先日亡くなりました。」というメッセージが届いた。とてもびっくりしたことがある。
 Facebookは、デジタル霊廟にゆるぎなくそびえる墓碑だそうだ。基本そこにいけば生前の思い出が全部詰まっている。SNSは誰かがなくなると知り合いが最初に訪れる場所であり、悲劇的最後と遂げた人や公人だった場合はマスコミが情報収集に見る場所でもあるそうだ。
 遺族が多少変更したりすることもでき、故人のプライバシーを守りつつ、思い出も残すことができる。またアカウントの完全閉鎖もできるそうである。
 私もあちこちにブログなどを書いている。近親者などに見られるのがイヤなものもあるが、思い出としてのこしてもらえるなら、残してもらいたいかもしれない。それから遺書も書いておくことが必要だということを実感した。まだ若いが、いつ突然死を迎えるかわからない。一年に一回は遺書を書いておくことも必要なのかもしれない。クレジットの暗証番号なども書いておくと遺族は助かるかもしれない。死のことばかり考えるのは素晴らしいことではないかもしれないが、立つ鳥跡を濁さず。少しかんがえてみようと思う。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。