スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊国際ジャーナルの取材で 文房具が被災地へ

「お気に入りの鉛筆や消しゴム、ノートを被災地の子供たちに使ってほしい」と、
小中学生の思いがぎっしり詰まった学用品が大阪府豊中市の学校から、宮城県、
福島県の学校に届けられたそうです。
市内の約50小中学校が協力して、各地から寄せられたのはアニメキャラクターの
書かれたノートや香りつきの消しゴムなどダンボール138箱分だということです。
やはり子供たちが欲しいものは、子供たちが一番よく知っているのですね。
「震災」に関する記事が以前、雑誌「現代画報」にも載っていたように思いますが、
自分の身にいつ降りかかるかわからない震災。大変な思いをしている地域に協力
するのは当然かもしれませんが、それを利用した悪質な犯罪が起きていることは
許せない話です。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。