スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 梅雨末期の日本海側の降水量が100年で54%増

気象庁気象研究所の分析から、梅雨末期である7月中~下旬の

日本海側での降水量は、過去100年の間で54パーセントも

増加しているそうです。
梅雨前線が日本海側に長く停滞するようになったのが理由と

されていますが、地球温暖化の影響を受けている可能性もある

と考えられています。



とにかくここ数年の、自然災害はゲリラと化す被害を伴うもの

ばかり・・・

これも温暖化の影響なんでしょうね・・・



温暖化削減と日本が言いましたが、日本だけが削減しても、

もっと削減しないといけない国があるのではないでしょうか。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。