スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 ケアの必要な人を支える初の仮設住宅

岩手県釜石市が5月16日に東京にある大学と連携して、東日本大震災で被災した
高齢者らが入居する新タイプの仮設住宅を建設するということを決めたそうです。
「長屋」のように近所づきあいが可能な住居を約100戸作るということなのです。
孤独死の防止を目指すほかに、介護拠点や託児所を併設するそうです。
住戸配置、人的支援などの総合的な対策で、ケアの必要な人を支える初の仮設住宅
となるようです。
テレビで多くの高齢者の方たちが避難所生活を送っている様子が幾度も目に入りました。
医師が往診に来たり、またお世話をしている人たちの様子も映っていました。
ぜひ、多くの人たちが安心して生活ができるような状況にしていただきたいですね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。