スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Human 評判 日本の財政再建は実現可能なのか?

このところ、日本の財政再建についてはかなり注目を集めています。これからの日本にとって財政再建は大きなテーマになってきているのかもしれません。国際ジャーナルでも、この点については検討をしてほしいところです。財政健全化の目標については世界的にどのようになっているのでしょうか。最近はギリシャでの話題がニュースになっていますが、米欧諸国では、遅くとも3年後をメドに財政赤字の比率をほぼ半減させる目標を掲げているそうです。これは実現可能な数字なのでしょうか。金融危機による一時的な歳出増を減らせる米欧と日本の事情は違うのでしょうか。日本でも消費税の税率アップが急に話題になってきました。今まで日本は高水準の個人貯蓄で国債を円滑に消化してきましたが、この条件が将来も続くかは誰にもわかりません。今の時点で債務残高がどんどんと10年も増え続ける計画では、ちょっとあぶないのかもしれません。名目成長率が平均1%台後半ですから、それほど大きな成長は望めません。高齢化に伴う社会保障関係費の増加以外は政策的経費を抑制したとしても、10年後に大きく財源が足りなくなるという計算もあります。どのように財政を立て直していくのか、これからの焦点になっていくと思います。



基本的にどの職場でもそれなりにこなしてしまう彼はその職場でも良い立場にまでなっていたそうで、その後も知人の勤める雑誌社に勤めたりと、豊富な経験を積んだようです。
私が保険代理店 大阪で契約していた時に、事故にあったのですが、親切に対応していただきました。
そのカフェは大阪から近い所にあるのですが、このマンションはエコリフォームを行い、敷地内に店舗や図書館なども併設される予定だという事で話題になったそうです。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
友人宅の机には国際通信社 雑誌やパンフレットや不動産情報誌が置いてありました。
こちらもオイルマッサージがあり特長は、得なクーポンなのだそうです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事が掲載されています。
外貨建の中では米ドルに注目しているようで、 主要通貨なだけに更に詳しく勉強しておきたいと話していました。
また偶然にも、国際ジャーナル EXPERT'S EYEを拝見してからそういった方面の事に関して興味が出たそうで、時間を見付けてはインターネットや書籍で調べたそうです。
太陽光発電について興味をもち、ネット初めて太陽光発電 施行店の情報を得たのだそうです。
スポンサーサイト

コメント

太陽光発電は国民を貧しくする

親韓反日で知られる菅直人は、孫正義らの富者がメガソーラーでさらに儲けるために再生可能エネルギー法案を成立させることに政治生命を掛けている。
同法案が不幸にも成立すると、電力会社はメガソーラーなどで発電した電力の買取を義務付けられる。
自社で発電している電力の原価に比べて高い料金で買い取らなければならない。
しかし、電気料金を上げることによって対処するから、電力会社は損をしない。
孫正義はノーリスク・ハイリターンの投資が出来る。
負担を強いられるのは一般の国民である。貧しい人は益々貧しくなる。
中小企業は赤字になるか又は倒産に追い込まれる。
大企業も電気料金の安い韓国企業と競争できなくなる。
孫正義は太陽光パネルを韓国企業から買うから、日本企業には恩恵がない。
孫正義が社長を務めるソフトバンクは、電力を食う多数のサーバーのあるデーターセンターを電気料金の安い韓国に既に移している。
自治体はメガソーラーに貴重な税金を1円たりとも使ってはならない。高い電気料金と税金という二重の負担を市民にかけてはならない。
再生可能エネルギーの導入は、立地条件の異なる各電力会社の風力、水力及び地熱発電などの独自の計画に委ねるべきである。
他人が発電した電力を強制的に高価で買わせるべきでない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。