スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社グループ 社会ではおしえてくれないこと。

 会社では教えてくれない仕事のルールの中に、「本日のおすすめを注文するな」というものがあるそうだ。おすすめに頼っていては、社会人に必要な「意思決定力」を磨けないということらしい。
 魚を焼いていた人が「魚をみておいてくれ。」と言って、戻ってきたら、真っ黒こげ。「みていろといわれたから、みていました。焦げそうだったら火をを止めろという指示がなければわからない。」と答えた新人がいるそうだ。
 笑ってしまう話であるが、確かに若い子などは指示をしないと全く動けない。いちいち説明するべきことなのかと自問自答しながらも、言わなければ動けないので、結局指示を出さざるをえない。それが高校生ならまだ仕方がないと諦めもつくのだが、良い大人も同じようなことを言ったりするからたちが悪い。
 意思決定力を育てるために、おすすめメニューを安易に選ばず、自分の食べたいものなどを常に考えて注文することが必要であるそうだ。飲食店の立場から言えば、お勧めを頼んでくださるお客様はとてもありがたいのであるが・・・。お勧めにもいろいろある。在庫があまってしまっているものだったり、賞味期限の近いものだったりする場合が多いのではないだろうか。難しい問題である・・・。


今月、販売業務をしている企業の経理担当として勤務する友人から セミナーで近くまで行くので会いたいとの連絡がありました。
従来のネイルケア なんばで使用している素材を採用していて、乾き方にもお勧め出来そうだとか。
このようなザ・ヒューマン 特集記事を見ていると、ふと気づかされることが多くあります。
報道通信社 雑誌を読んだことが会社をはじめたきっかけになったそうです。
株式会社現代画報社では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画をはじめとした対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っています。
確かにその日初めて会った人の印象を大きく分けるのはその人の笑顔だと思えるので、いざこういった出会いのチャンスの場の為に練習するのも良いのかもしれませんね。
子育てが落ち着いてきたら仕事をしたいと国際通信社グループの入試に 挑んでみようかとも話していて、早速情報を集めているそうです。
喫茶店には他にも屋根塗装 大阪について詳しく書かれている雑誌も見かけました。
知人には全く株の知識が無かったのですが、今はどこが一番手数料が安いのか、程度の話にはついていけるそうです。
週刊誌の広告見出しにはきりしまにいくならこの時期、という掲載されておりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。