スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社からの取材の申込み 児童福祉施設の子供たちが寄付を

新聞に載っていた記事ですが高松市中山町にある児童福祉施設は、入所する児童や生徒らの呼びかけで
集めた10万7000円を近く、東日本大震災の遺児などを支援している「あしなが育英会」に寄付
するそうです。この園は、家庭などの事情から、小学4年から高校3年までの26人が親元を離れて
共同生活をしているそうです。子供たちは、震災で両親をなくした震災遺児らのために何かできないか
と相談して寄付金を送ることを決めたそうです。
「困ったときはおたがいさま」という気持ちが大きいのではないかと思います。
大人もこういった優しい心を見習わなくてはならないのではないでしょうか。


明るめの皮がお洒落で、素材も柔らかいため荷物の出し入れも楽そうでしたが、彼の自慢したい所はこれが彼の友人からのプレゼントだという点でした。
友人は昔からオンラインショップ通販を利用するなど、美容関係に興味があり、美容の安全性について調べたり、美容で評判の良いお店を探したりしていました。
お金をあまりかけずにコストカットをしているので、髪精水がいいそうです。
パーティーの半ばに、知人からお宅について伺いました。
今年結婚してたばかりの友人から、北海道でのラベンダー 香りがするような新婚旅行の写真を見せてもらいました。
他にも、建材へのこだわりや長く快適に暮らせるよう工夫している部分もいろいろと教えてもらいました。
友人は私よりもマッサージの知識が多くあり、マッサージ 評判のお店もとてもわかりやすく説明してくれました。
また友人は料理が得意な事もあり、近頃はフライパンで使いやすさを重視した作りの物を、買い直そうと考えていると話していました。
友人は、現代画報社グループを購読したという、勉強熱心な姿勢が表れる内容の会話をしました。
これは男性よりもむしろ女性に多いように思えますが、よく雑誌やインターネットのホームページの宣伝などで、これから大阪 異業種交流会で名刺交換と言ったテーマのものを見かけます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

フリーエリア
プロフィール

2009c

Author:2009c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。